« 欧米市場はチャイニーズウィルス第2波の影響で大きく下げ。日本市場は底堅い。 | トップページ | ニトリは、正式に島忠TOBを表明しましたね。 »

大統領選後まで待たないと。

 27日の米国市場はまちまち。NYダウは27,463㌦19㌣(▲222.19)で三日続落。ナスダックは11,431.35ポイント(△72.41)で反発。S&P500は3,390.68(▲10.29)で続落だった。難航するチャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)に対する追加経済政策の合意が、大統領選後になりそうだということが、嫌気された。

 日本市場は上がったり下がったりの忙しい展開。ただ、一度も昨日の終値を越えられず、終値は23,418円51銭(▲67.29)だった。

 昨日、5100億円という大きな赤字を発表した、全日空ANA(東証9202)は、赤字発表と同時にかなり思い切った経営再建策も打ち出したことが好感されたか、寄付きから買い気配で値がついた瞬間に90円以上値がつり上がったのだが、すぐに利食いの売りが入り急落。しかし、そこからまた反発して、その後は昨日の終値を挟んで一進一退。終値は2,298円(△8)で、かろうじてプラスだった。一方、日本航空JAL(東証9201)は、寄付きから下落で終値は1,913円(▲35.5)だった。

Photo_20201028230801

|

« 欧米市場はチャイニーズウィルス第2波の影響で大きく下げ。日本市場は底堅い。 | トップページ | ニトリは、正式に島忠TOBを表明しましたね。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

株価 日経平均」カテゴリの記事

けものフレンズ」カテゴリの記事