« 明日から施行予定の、シナ共産党「海警法」 | トップページ | 鬼に「ダーリン!」と呼ばれたら… »

暴走事故で母娘を死なせ多くの負傷者を出した、飯塚幸三被告の第5回公判が行われたそうです。

 一昨年(平成31年4月19日)、東池袋で母娘を死なせ多くの負傷者を出す自動車暴走事故を起こし、裁判では無罪主張をしてる飯塚幸三被告の第5回公判が、本日東京地裁で開かれたそうです。

 今回、メーカーからの証人が出廷するという話があったのですが、どうやらそれは延期になったようで、検察側証人として引き続き警察の鑑定人(ただし、前回の女性鑑定人ではなく男性)の証言がなされた模様。飯塚被告側が主張した電子機器の劣化等は認められなかったこと、ブレーキを踏んだ形跡がなく、アクセル全開だった等々、鑑定結果を証言し「アクセルとブレーキの踏み間違え」と結論付けたそうな。

 しかし、あまりテレビを見ないのでよく分からないのですが、どうもマスコミの扱いに熱意が無いような気がする。テレビ東京はニュースで公判の様子を簡潔に伝えたほか、ネット配信で公判後のご遺族の記者会見の様子をノーカットで配信してますが、他のテレビ局はどうなんだろ?もう、飽きたのか、それとも検察の求刑が出るか判決が出るあたりでまとめてニュースにすればいいと思っているのだろうか?

閑話休題

 今日の日本市場は寄付き一瞬27,649円07銭(▲14.32)と続落したものの、すぐ切り替えしてプラスに転じ、前場は上げ幅を300円近くまで広げ28,000円をうかがう勢い。後場に入ってついに28,000円台を回復。大引け後の終値は、28,091円05銭(△427.66)だった。しかし、先週末2日間で1,000円近く下げたことを考えると、反発もまだ不十分という感じである。明日以降に期待したい。

 さて、明日は節分。いつもは2月3日が節分なので、2月2日が節分になるのは珍しい。なんでも、124年ぶりだとか。チャイニーズウィルス(武漢肺炎ウィルス)のせいで、多くのイベントが中止のようですが、これもすべて初動で封じ込めに失敗したシナ共産党とアホWHOテドロスの責任。恨むなら、キンペーとテドロスを恨みましょう。

鬼は外!キンペーもテドロスも外!

Photo_20210201204101

|

« 明日から施行予定の、シナ共産党「海警法」 | トップページ | 鬼に「ダーリン!」と呼ばれたら… »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

憲法史・判例研究・法律」カテゴリの記事

株価 日経平均」カテゴリの記事