« 浦和学院、強かったなあ! | トップページ | 7月相場を振り返ると。 »

2021年7月29日 (木)

フィリピン共和国運輸省向け大型多目的対応船の進水式。

 さる26日、三菱重工下関造船所江浦工場にて、フィリピン共和国運輸省(フィリピン沿岸警備隊)向け大型多目的対応船(Multi-Role Response Vessel 大型巡視船)1番船の進水式が行われた。
 同船は、フィリピンのEEZ警備のため、日本の援助のもとに建造されたもので、2隻建造される(2番船は、11月18日に進水式予定)。海上保安庁の「くにがみ(くにさき)」型巡視船(公称1000㌧PL)をタイプシップとする。全長96.6m、最大速力24㌩、航続力4,000海里。オリジナルのくにがみ型巡視船とは異なり、煙突が左右に分離して間にヘリコプター格納庫が設けられ、中型ヘリ(おそらく、UH-1クラス)1機を搭載するという。来年5月に、命名式・引渡式を行う。

詳しくは https://www.mhi.com/jp/news/210726.html

Pl09  

巡視船くにさき(PL-06)。第七管区海上保安本部・門司海上保安部所属。煙突は1本、後甲板は飛行甲板となっており、ヘリコプターの離発着可能。ヘリコプター格納庫は無い。画像出典:海上保安庁・門司海上保安部のサイト

Photo_20210729213701

後方から見た、多目的対応船。煙突は左右に分離し、挟み込まれるようにヘリ格納庫が設けられている。船体側面には赤色で「Philippine Coast Guard」の文字。

 

閑話休題

 28日のNYダウは34,930㌦93㌣(▲127.59)。続落で35,000㌦台を割った。ナスダックは14,762.58(△102.00)で反発。S&P500は4,400.64(▲0.82)でわずかに続落。まちまちだった。

 一方、今日の日本市場は寄付き27,722円61銭(△140.95)で反発スタート。上げ幅200円を超え、大引け後の終値は27,782円42銭(△200.76)だった。

 今日も新規上場が1件あり。企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援するITコンサルタントの、デリバリーコンサルティング(東М9240)。公開価格950円、初値1,472円、終値1,329円だった。

|

« 浦和学院、強かったなあ! | トップページ | 7月相場を振り返ると。 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

科学・技術・テクノロジー」カテゴリの記事

海事・海保・海自」カテゴリの記事

安全保障」カテゴリの記事

株価 日経平均」カテゴリの記事

マウス絵」カテゴリの記事