アニメ・コミック

香港市場は、2日3日続伸。

 悪名高き「香港弾圧法」が施行された香港。1日は休場で2日から再開された市場は、ハンセン指数など株価指数は軒並みプラス。3日も続伸で、弾圧法の影響は市場では織り込み済みだった模様。しかし、今後米国の出方(ドル交換停止とか)によっては、外資が逃げ出す懸念もある。どうなることか?

 2日のNYダウは、25,827㌦36㌣(△92.39)で続伸。開始直後は買い基調で、26,000㌦台の取引で26,204㌦41㌣(△469.44)まで上げた。ハイテク株や、EVのテスラ社株が好調だったのだが、その後急速に下落。1日に50,000人以上というチャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)の感染再拡大の影が、株価全体をどうしても抑制するもよう。そのなかでも、ハイテク株の好調からナスダックは最高値を更新している。なお、3日は「独立記念日(7月4日)」の振替休日で、株式・債券市場は休場である。

 日本市場は、寄付き22,266円91銭(△120.95)で続伸スタート。しかし、上がったり下がったりの方向性が定まらない展開で、上げ幅は166円以上まで広がったり、わずか9円まで縮小する場面も。それでも、大引けに向けてポジション取りの買いが入ったらしくかなり株価は上昇。終値は22,306円48銭(△160.52)だった。

 昨日の大引け後に、5月期の決算が好調だったと発表した、クスリのアオキホールディングス(東証3549)は、11.65%プラスの急騰ぶりで、終値は9,390円(△980)。大人気のゲーム「あつまれ!どうぶつの森」のアップデートが行われた、任天堂(東証7974)は終値が50,020円(△1,730)と5万円越えでこちらも好調だった。

Photo_20200703220601

|

107人か・・・

 1日のNYダウは、25,734㌦97㌣(▲77.91)で三日ぶりの反落。西部および南部で再度感染拡大するチャイニーズウィルス(武漢新型冠状ウィルス)の影響が、株価を全体的に押し下げた模様。個別銘柄では、バイオ・製薬関係のファイザー社の進めるワクチン治験が良好ということで株価を上げたものの、全体を押し上げるほどではなかった。FacebookAmazonなど、ハイテク関係株も一部好調で、ナスダックは10,154.62ポイントで最高値を更新しているほか、S&P500もわずかにプラスとなるなど、まちまちなところも。

 日本市場は寄付きから22,182円68銭(△60.95)で反発して始まったものの買いが続かず。22,072円11銭(▲46.62)と50円近く下げて22,000を割り込みそうになるなど不安定な動き。しかし、そこから切り返して今度は上げ幅を145円まで上げた。前引けは22,266円23銭(△144.50)で悪くない数字。しかし後場に入ってしばらくして、ニュース速報で「東京で感染者100人以上!」と報じられたあたりから値が下がり始め、ズルズル後退。昨日の終値付近でもみ合う場面も。大引け後の終値は、22,145円98銭(△24.23)で、かろうじて反発で終わった。

 非常事態宣言解除以来、東京でついに感染者が107人と三ケタに。やや気になるところではある。ここで焦っても仕方ない。手洗い、うがい、マスク着用、三密を避けるなど、基本的な予防策を励行するよりない。経済を二度と止めてはならない!

Photo_20200702215401

うっとうしいけど、がまん。

|

6月も終わりだね。

Photo_20200630204301

 週明け29日の米国市場は総じて反発。NYダウは25,595㌦80㌣(△580.25)で大きく値を上げた。ボーイング社の「737MAX」がテスト飛行開始というニュースからボーイング株が14%も上昇!1社でダウを166㌦以上上げた。ナスダックも、10,000ポイント回復はなかったもののプラス。S&P500もプラスだった。

 日本市場も寄付きから反発!22,335円10銭(△340.06)から上げ幅を広げ、一時は上げ幅が453円まで行った。しかし、利益確定の売りが入ったか、それ以上は上昇せず。ズルズル後退して、大引け後の終値は、22,288円14銭(△293.10)で寄付きより上げ幅は縮小して終了。昨日、517円も下げたのに、半分ちょっとしか返せなかった。

 今日で6月も終わり。今年も半分終わったことになる。前半は、チャイニーズウィルスのせいで散々だったが、後半どこまで取り返せるか?

 

Photo_20200630205601

※実在の人物・団体・作品とは関係ありません。

|

週明けから、散々。

 先週末の米国市場は、NYダウが25,015㌦55㌣(▲730.05)と大きく落ち込んだ。ナスダックも10000ポイント割れ。S&P500は、土曜日のブログ(こちら)にはプラスだったと書いたのだが、後でもう一度見たら3,009.05ポイントでー2.24%だった。チェックした時にはプラスだったのだが。南部と西部の州を中心に、36の州で感染者が前週を上回り、12州で制限緩和を見合わせるなど、チャイニーズウィルスの完成再発が大きく影響している模様。

 米国市場の落ち込みぶりを受けて始まった週明けの東京。こちらも寄付きから22,255円05銭(▲257.03)と大きく反落。週末26日に上げた株価(△252.29)をあっさり吐き出してしまった。その後も下げ幅が広がり一時は406円まで下げ22,000円台を割り込んだた。前引けは22,214円69銭(▲297.39)とやや戻したものの、300円近い下げ幅。後場に入るとさらに一段と下げ、下げ幅は500以上に広がった。大引け後の終値は、21,995円04銭(▲517.04)。終値で21,000円台は、6月15日以来。散々な週明けだった。

 先週末上場したものの、取引が成立せず初値がつかなかった、ECプラットフォーム事業のコマースoneホールディングス(東証4496)は、後場に入ってようやく初値6,970円がついた。終値は、6,330円。

 

Photo_20200629224501

|

疲れていると、タイトルも思いつかない・・・

Photo_20200628232501

|

暑いと、ブログ更新する気にもなれない・・・

 もう23時だというのに、まだ暑い!万事やる気が出ないよ。

 26日のアメリカ市場は、NYダウが25,015㌦55㌣(▲730.05)で大きく下げた。ナスダックも、10,000ポイントを割り込んで、9,757.21ポイント(-2.59%)。米国では1日で40,000人近いチャイニーズウィルス(武漢新型コロナウィルス)の感染があり、投資心理を冷やしている模様。ただ、S&P500は1.10%プラスとなっている。

 

Photo_20200627230401

|

全世界は、それを知らんと欲す。

 24日のNYダウは、26,000㌦を割り込み、25,445㌦94㌣(▲710.16)と大きく下げた。チャイニーズウィルスの再度の感染拡大がカリフォルニア州やフロリダ州で広がり過去最大!全米で1日の感染者数が36,000人という数字が、投資心理に冷や水を浴びせたようで、一時は下げ幅が859㌦まで広がるほどだった。

 アメリカ市場の冷え込みを受け、日本市場も寄付きから22,287円87銭(▲246.45)と続落でスタート。こちらも下げ幅最大で369円まで広がる厳しい展開。終値はやや戻したものの、22,259円79銭(▲274.53)で続落だった。

 昨日上場した3社の内、初値がつかなかった、コパ・コーポレーション(東証7989 実演販売関連事業)とフィーチャー(東証4052 画像認識ソフト開発)の2社だが、コパは寄付き5分で初値4,530円(公開価格2,000円)をつけた。終値は5,230円でストップ高という上々のでき。一方、フィーチャーは今日も値がつかず、買い気配2,751円(特)で終了。明日に持ち越しとなった。

 

Photo_20200625222201

 さて、本来なら6月26日公開予定だった、『それいけ!アパンマン ふわふわフワリーと雲の国』(公式サイト)は、チャイニーズウィルスの影響で公開が2021年夏まで延期となりました。

 すでに、『名探偵コナン 緋色の弾丸』(公式サイト)が、2021年春に延期。『映画しまじろう しまじろうとそらとぶふね』(公式サイト)も2021年春に延期となっている。

 目下、全世界の関心は、『シン・エヴァンゲリオン』(公式サイト)の公開日がいつになるかである。

 来年まで延期は止めてくれ!

Photo_20200625223101

|

インテル、入ってません。

 週明け22日のNYダウは、続落スタートで一時25,667㌦68㌣(▲203.78)と下げ幅が200㌦を超える展開。しかし、そこから反発してプラスに転じ、26,000㌦台を回復!26,059㌦81㌣(△188.35)まで上げるという荒っぽい展開。終値は26,024㌦96㌣(△153.50)で四日ぶりの反発だった。

 マッキントッシュ・コンピューターのAppleが、自社製品のCPUをインテルから自家製品に転換すると発表し、それが好調で株価を押し上げた。特にハイテク市場のナスダックは、終値10,056.47ポイント(+1.11%)で八日ぶりに10,000ポイントを回復し、最高値を更新した。

 アメリカ市場の好調を受け、日本市場も寄付きから22,636円06銭(△198.79)で大きく反発してスタート。一時上げ幅は237円まで広がったのだが、アメリカからドナルド・トランプ大統領の側近が米支交渉は「もう終わりだ」と発言したというニュース(後に、トランプ大統領自ら春減内容を否定)が流れたため急降下!22,257円14銭(▲180.13)まで下げた。しかし、発言が否定されたため今度は急上昇。今度は上げ幅が256円まで広がるという、こちらも荒っぽい展開。大引け後の終値は、22,549円05銭(△111.78)だった。

 チャイニーズウィルスの感染の影響で休園中だった、ディズニーランド・ディズニーシーが、7月1日に再オープンすると発表された。オリエンタルランド(東証4661)の株価は、15,460円(△485)だった。

 理化学研究所を中心に開発が進められてきた、スーパーコンピューター「富岳」が、計算速度で世界最速となったほか、合計四つの部門で世界一を記録した。ハードの制作を担当した、富士通(東証6702)の株価も好調で、終値は12,445円(△335)だった。

 

Photo_20200623224001

|

夏至で部分日食。

 今日は夏至。しかも、部分日食。夏至に部分日食が日本で見られるのは、1648年(慶安元年)以来なのだそうだが、生憎天気が悪くて見られなかった。残念。

Photo_20200621225501

|

今週もこれで

 18日のNYダウは26,080㌦10㌣(▲39.51)でわずかに続落。取引中271ドルも下げて26,000㌦を割ったり、反発して△34㌦とわずかながらプラスに転じたり、荒っぽい展開だった。まだまだ、チャイニーズウィルス(武漢肺炎ウィルス)感染再発への懸念が尾を引いている様子。

 日本市場は、寄付きから22,515円75銭(△160.29)と反発してスタート。しかし、上げ幅は伸びず逆に縮小し、22,352円16銭(▲3.30)とわずかにマイナスに転じる場面も。前引けは22,386円41銭(△30.95)で、わずかながらプラスを維持。後場に入ると前場より上げ幅を一気に40円以上広げ、そのまま株価は上昇。今日の最高値となる22,523円66銭(△168.20)を記録した後、今度は利益確定の売りが入ったか株価は降下。終値は22,478円79銭(△123.79)で三日ぶりの反発だった。

 今週一週間で、株価は173円プラス。途中、774円も下げたり1051円も上げるなど、乱高下の一週間だった。来週はどうなるか?

Photo_20200619185601

 昨日、久しぶりに株価が5万円台を回復した、任天堂(東証7974)。今日も好調で、終値は50,520円(△410)。巣籠もり消費で、大人気の「あつまれ!どうぶつの森」が空前の大ヒットしたことが大きいらしい。この人気はまだ止まらない?

|

より以前の記事一覧