アニメ・コミック

ここはやはり消費税減税で。凍結とか廃止なら尚良し!

 16日のNYダウは28,032㌦38㌣(△36.78)で4日続伸。取引中には28,364㌦77㌣(△369.17)と370ドル近く上げ幅を広げる場面もあったのだが、FRBのパウエル議長の会見内容がゼロ金利を23年待つまで続けるというだけで新鮮味がないことが失望されたか(←贅沢な話だ!)急に大きく落ち込み、上げ幅は10分の1に縮小。かろうじてプラスを維持。一方、ナスダックは11,050.46ポイント(▲139.85)で反落。ハイテク関係の売りが止まらず。S&P500も3,385.49(▲15.71)で反落した。

 まちまちな米国市場の後を受けて始まった日本市場は、寄付きから23,416円62銭(▲58.91)で反落スタート。冴えない動きで、一時下げ幅は203円まで広がった。大引け後の終値はやや戻して23,319円37銭(▲156.16)。市場は菅義偉新内閣がアベノミクスを継続することに一定の評価をしているのか、23,000円を割り込むほど大きく下げることはなかったものの、冴えない動きに終始している。何か、市場が湧きたつような経済政策が欲しい。ここは一つ、解散総選挙で消費税減税をぜひお願いします!

 

Photo_20200917215301

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーグリーン』 明日9月18日(金)ロードショウ!

http://violet-evergarden.jp/

|

おれたちの 船出だ

Photo_20200916214701

 7年8カ月にわたり、日本国の舵を取り続けたことに感謝します。最敬礼!

 菅義偉新内閣の船出に、幸多からんことを Bon Voyage!

 

 15日の米国市場、NYダウは27,995㌦60㌣(△2.27)でかろうじて続伸。取引開始から28,000㌦を越え、一時は28,231㌦06㌣(△237.73)まで上げ幅を広げた。その後利益確定に売りが入るも23,100㌦あたりを維持していたのだが、Appleの新製品発表に期待のiPhoneがなかったことが失望されたか急落し、27,931㌦45㌣(▲61.88)まで下げた。その後、大引けまでに値を戻し、何とかプラスで取引を終了した。ナスダックは11,190.95ポイント(△133.67)で続伸。S&P500は3,401.20(△17.66)で三日続伸。

 日本市場は、昨日の終値を挟んで小商い。寄付きは23,425円23銭(▲29.66)で続落。一旦下げ幅は57円まで広がった後下げ渋り、反発。一時はプラス51円台まで上げたが、全体的にさえない動き。大引け後の終値は23,475円53銭(△20.64)で一応反発で終わったが、業種別指標は33業種中プラスは9業種のみ。残り24業種はマイナスだった。

|

ご祝儀相場というわけではなさそう。

 先週末11日の米国市場は、NYダウ27,665㌦64㌣(△131.06)と反発。ナスダックは10,853.54ポイント(▲66.04)で続落。S&P500は3,340.97(△1.78)とわずかに反発。三指標ともまちまちだった。

 週明けの日本市場は、寄付き23,431円16銭(△24.67)で続伸スタート。短時間で上げ幅を広げ、今日の最高値となる23,582円21銭(△175.72)を記録。その後は23,500円台でほぼ横ばい。大引け後の終値は、23,559円30銭(△152.81)で三日続伸だった。

 さて、本日自民党の次期総裁に菅義偉氏が選出された。下馬評通りで、市場もそれは織り込み済みだった模様。特に、ご祝儀相場というわけでもなかった。今後、臨時国会招集後の首班指名で、第99代総理大臣に就任するだろう。さて、どうなることか。

Piyopiyo_20200914233301

まだ、ひよこ。

|

うっとうしいけど、もう少し我慢して。

Photo_20200913223701

|

「渋谷に来ないで!」ハロウィンなんて、やめちゃえよ。

Photo_20200911215501

 チャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)の影響で、各地のハロウィンイベントの中止やオンライン開催への変更等が発表されている。毎年多くの若者が集まって騒動になる東京渋谷では、「今年は来ないでくれ!」と呼びかけがなされているという。

 そもそも、ハロウィンの起源は古代ケルト人の祭り、それも多分に呪術的なものだったらしい。日本とは何のかかわりもない。触らぬ神に祟りなしである。いつの間にか意味不明のコスプレ大会となってしまったが、これを機に止めてしまえばいい。バカみたいだ。

 

 10日の米国市場は一転して3指標とも反落!チャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)禍に対する追加経済策がなかなか決まらず、市場に失望が走ったか、ハイテク株の戻りが遅くNYダウは27,534㌦58㌣(▲405.89)と大きく下げた。取引開始直後は28,000㌦台を回復したのだが、買いが続かない。ナスダックも10,919.59ポイント(▲221.97)と反落して11,000ポイントを割り込んだ。S&P500も、3,339.19(▲59.77)と振るわず。

 米国市場の不振から、日本市場も寄付きは日経平均23,114円63銭(▲120.84)で3ケタの下げを見せたがこれが今日の最安値。時間を追うごとに株価は上昇して昨日の終値を越え、前引けの段階で23,304円23銭(△68.76)と反発。後場に入っても、じりじり値を上げていき、大引け後の終値は23,406円49銭(△171.02)だった。先週の終値から、トータルで146円ほど株高である。

Photo_20200911221601

|

10年目の告白。「尖閣諸島シナ漁船巡視船体当たり事件」菅直人の大罪!

Happy-labor-day-2020-snoopy

 7日の米国市場は、Labor Day (労働者の日。9月の第1月曜日)の休日でお休み。

 日本市場は3日ぶりに反発!寄付きは23,188円79銭(△99.04)。一旦上げ幅が39円まで縮小した後100円以上に拡大。大引け後の終値は、23,274円13銭(△184.18)だった。

 

 さて、表題の件。産経新聞によると、今から10年前の平成22年9月7日に、沖縄県石垣市の尖閣諸島周辺海域で発生した、シナ漁船による巡視船みずき(PS-11)に対する体当たり事件に関して、当時外相だった前原誠司氏が重要な証言をしたという。シナ漁船の船長の釈放を、あの最低最悪無能有害総理の菅直人が強く命じたというのである。その理由は、「APECに胡錦濤が来なくなる」という下劣極まり無いものだった。検察への不当な干渉、三権分立を踏み破る大罪である!菅直人は取材に対し「記憶にない」と答えているそうだが、「私がやりました」と告白しているようなものだ。何という愚策!許し難い暴挙である。

産経新聞の記事はこちらhttps://www.sankei.com/politics/news/200908/plt2009080001-n1.html
Ps11

海上保安庁・第11管区・石垣海上保安部所属、巡視船「みずき」。画像出典、石垣海上保安部https://www.kaiho.mlit.go.jp/11kanku/ishigaki/home/c_gyomu/c02_sentei/mizuki.html



 

|

思わしくない、週の始め。

 先週末、4日のNYダウは28,133㌦47㌣(▲159.42)で続落。取引開始時は反発し、一時上げ幅が247㌦まで広がった後急落!28,000㌦を割り込んで27,664㌦まで下げる場面も。その後、前日終値付近まで戻したのだが、結局続落で終わり。ナスダックもS&P500も続落だった。やはり調整局面に入ったか、ハイテク株の低迷が響いた。

 週明けの日本市場は、米国市場の低迷を受けて23,145円47銭(▲59.96)で続落スタート。下げ幅が一時118円まで広がった後反発して、わずかながらプラスに転じる場面もあったものの買いが続かず。何度か上がったり下がったりを繰り返したのち、大引け後の終値は23,089円95銭(▲115.48)でかろうじて23,000円台はキープした。

 

Photo_20200907232901

シリーズ本編完結から、もう20年か・・・早いね。

 

『魔女見習いをさがして』公式サイト https://www.lookingfor-magical-doremi.com/

|

知らんがな

Photo_20200906231401

|

米国市場一転急落!一時マイナス1,025ドル。調整局面入りか?

 3日のNYダウは28,292㌦73㌣(▲807.77)!前日に29,000㌦台を回復したのだが、一転の急降下で一時は28,074㌦76㌣(▲1025.74)まで下げ28,000㌦台を割る寸前だった。ナスダックも大幅に下げて11,458.10ポイント(▲598.34)。-4.96%でこれまで続けてきた最高値更新も途切れた。S&P500も下げて3,455.06(▲125.78)。これまで好調で市場をけん引してきたIT・ハイテク関連株が大きく下げ、電気自動車のテスラがー9%、Appleが-8%、ズームがなんと=10%!これまで加熱気味の株高で、調整局面に入ったかという観測も。

 米国市場の急降下に引きずられる形で、日本市場も急落。寄付きから23,130円32銭(▲335.21)と三日ぶりの反落スタート。ただ、下げ幅はそれほど広がらず意外と底堅い。昨日から好調の地銀株が下値を支える形で、大引け後の終値は23,205円43銭(▲260.10)だった。

 

Photo_20200904213701

 下界は残暑真っ盛りだが、山では夏山シーズンはとっくに終わり、秋山シーズンへ。チャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)の影響は登山界にも及んで山小屋が営業できなかったりしたが、さて秋山はどうなるか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お ま け

Photo_20200904214201

Photo_20200904214601

 

Photo_20200904214602

みんな、仲良く。

|

日米とも、半年前の株価水準回復!ナスダックは12000ポイントへ!!

 2日のNYダウは29,000㌦50㌣(△454.84)で、ほぼ半年ぶりに29,000㌦台を回復した!ナスダックは12,056.44ポイント(△116.77)でついに12,000ポイントに突入!S&P500も好調で3,580.84(△54.19)と最高値を更新中だ。

 米国市場の好調を受けて日本市場も続伸!寄付きから23,524円49銭(△277.34)と大きく株価を上げ、一時上げ幅は333円まで広がった。残念ながら、後場に入ってからまたも利益確定の売りが入り、大引け後の終値は23,465円53銭(△218.38)。それでも、半年前のまだチャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)による株価の急落が始まる前の水準をほぼ回復した。一応、めでたい!

Photo_20200903222901

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_20200904134801

|

より以前の記事一覧