アニメ・コミック

なかなか思うようにゃ、いかねえもんだ。

 前日(1/20)のNYダウは、市場が「キング牧師記念日」のため休み。手がかりがないまま始まった日本市場は、寄付きから24,072円81銭(▲10.70)と反落してスタート。時間の経過に従って下げ幅が広がる嫌な展開。24,000円台も割り込んでしまい、前引けで23,902円60銭(▲180.91)と三ケタの下げ。後場も薄商いの中、買いが入って一時240円も下げた。シナでコロナウィルスによる新型肺炎の人から人への感染が確認され、「空運」や「小売業」などインバウンド関連で売りが先行する。結局、大引け後の終値は23,864円56銭(▲218.95)だった。

 

 名優・宍戸錠さんが、お亡くなりになったそうです。謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

『へやキャン△』と『ろんぐらいだぁす』の邂逅。

Photo_20200121212801

Photo_20200121213101

「ポンタくん、買っちった」

|

放火殺人事件から半年

 昨年の7月18日に発生した、京都アニメーション放火殺人事件から、昨日で半年。まだ半年か、もう半年か。今だに、気持ちの整理がつかない。失われたものが、あまりに大きすぎた。

|

ドラマの『ゆるキャン△』は、ありかなしか?

 昨日のNYダウは29,297ドル64セント(△267.42)で最高値を更新!米国内の各経済指標が好調なのが好感され、ハイテク株を中心に買いが入った模様。日本市場も寄付きから好調な滑り出し。24,103円45銭(△170.32)で取引開始。米国市場の堅調ぶりと、1ドル110円20銭台の円安基調が好感された模様。途中、「シナのGDPが6.1%で29年ぶりに低い成長率」というニュースが流れ、上げ幅が狭まる場面もあったが、大引け後の終値は24,041円26銭(△108.13)で続伸。年初来高値の更新はできなかったが、24,000円台を確保した。

 

Photo_20200117164501

 誰がどう演じても、必ず非難が巻き起こることが確実な、マンガ(アニメ)の実写ドラマ化。敢えて挑戦するテレビ東京の勇者ぶりには敬意を抱くが、『ゆるキャン△』のドラマ化はどうなんだろう?過去、『孤独のグルメ』を大ヒットさせたテレ東だが、主演に松重豊を据えたことが成功の基だった。果たして「ゆるキャン」は如何に?

Photo_20200117165201

「くまヘアー」は上手く再現されていたが、こっちの天守閣タイプはどうかな?https://www.tv-tokyo.co.jp/yurucamp/

 

 

 

 

 

 阪神淡路大震災から25年。当時の政府から地方公共団体、警察も消防も自衛隊さえも、あらゆる組織と法体系が「平時」を基準にしていたことが露わになった。有事における対応が、大問題だった。その後、東日本大震災を経て今、日本はいかなる「不測の事態」」にも対応できる国になっただろうか?6000人の犠牲、それを無駄にしてはならない!

|

訃報 アニメーション監督山口祐司さん死去。

 アニメーション監督の山口祐司さんが、急逝されたそうです。詳しい死因等は、現時点で不明です。謹んで、ご冥福をお祈りします。

Photo_20200115215701

日本サンライズ時代、『装甲騎兵ボトムズ』に制作進行として参加したのが、長いキャリアの最初だったようです。最近では、『ゲゲゲの鬼太郎』で何話か演出したそうですが。残念なことです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E7%A5%90%E5%8F%B8_(%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E7%9B%A3%E7%9D%A3)

| | コメント (0)

元日は映画三昧

 Photo_20200101224001

 毎月1日は映画が安い。そんなわけで、今朝から映画を観てきた。記念すべき令和2年最初に観賞する映画は、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』という、正月早々観るにはやや重い映画。2016年公開の『この世界の片隅に』に新作カットを加えた長尺版。16年版の上映時間が129分だったのに対し、168分と39分長い。16年版では、尺の関係で原作漫画(こうの史代:著)のエピソードをいくつか割愛していたため、公開当時観たとき(2回観た)、「なんか、レコードの針が飛んだみたいに、話が飛んでるような?」と思える個所がいくつかあったのだが、今回長尺版を観て話がつながった感じ。正直つらいシーンがある映画なのだが、観てきてよかった。もう一本別の映画も観たのだが、その話はいつかまた。

公式サイトhttps://ikutsumono-katasumini.jp/

Photo_20200101225401

|

松本零士先生帰国。

 イベント先のトリノで突然倒れた松本先生が帰国。車いす姿だが、とりあえずご無事で何より。本当に良かった!

Photo_20191205214801

|

訃報:声優、井上真樹夫さん死去。

 ベテラン声優、井上真樹夫さんが先月29日にお亡くなりになったそうです。謹んでご冥福をお祈りいたします。

 

Photo_20191202203201

キャプテンハーロック石川五エ門花形満スレッガー・ロウアンスバッハ准将。どれも有名で、当たり役でもありますが、私は『勇者ライディーン』のミスターこと、神宮寺力が好きでした。どうか、やすらかに……

|

太宰もびっくり!『HUMAN LOST 人間失格』

12月1日は「映画の日」。映画が安く観れる日である。そこで、現在公開中の映画、『HUMAN LOST 人間格』(こちら)を観てきた。例によって、ネタバレはマナー違反なので詳しい内容は記述しませんが…「なんじゃこりゃ?」という作品だった。一応、太宰治の『人間失格』の登場人物と同じような名前の人物が出てくるのだが。太宰が観たら、やっぱり「何じゃこりゃー!」って言うんじゃないかな?

Photo_20191201233201

|

松本零士先生は無事か?

 松本零士先生が、滞在先のイタリアで倒れ、救急車で搬送されたという衝撃的ニュース。脳卒中で重体という情報にぞっとさせられたが、同行しているスタッフからは「容体は安定している。脳卒中ではない」という話もある。本当のところどうなのか、分からないところが悩ましい。松本先生が、無事帰国されることを強く願います。

Photo_20191116225401

|

3日ぶり反発も、年初来高値は更新できず。

 前日のNYダウは27,781ドル96セント(▲1.63)で、6日ぶりに小反落。米国の株安を受けて始まった日本市場は、寄付きから18円上げ小反発。しかし、一転マイナスに転じ20円近く下げる場面も。このまま昨日の終値付近での小動きとなるか、ズルズルと下げ幅を広げるかと危惧されたが、9:25ごろから今度は急上昇!195円も上げる場面も。前場の終値は23,305円71銭(△164.16)。後場開始直後には一瞬23,340円77銭(△199.22)と200円近く上げる場面もあったが、その後上げ幅は縮小。結局、大引けの終値は23,303円32銭(△161.77)で、年初来高値の更新はできなかった。

 

Photo_20191115162101

特に、意味はない。

|

より以前の記事一覧