スポーツ

日米で明暗が分かれた。

 19日のNYダウは24,206㌦86㌣(▲390.51)で反落。その前日(18日)に911ドルも上げた反動で売りが出たのと、18日の株高の原動となった、モデルナの武漢ウィルスワクチン検査の結果を疑問視する報道が流れたことが株価下落につながったようだ。

 一方、日本市場は寄付きから20,454円48銭(△21.04)と小幅ながら続伸スタート。その後順調に上げ幅を広げ、後場に20,684円46銭(△251.01)まで上げた。しかし、それ以上は上がらず下げに転じてしまい、大引け後の終値は20,595円15銭(△161.70)。それでも、四日続伸である。近づく本格的な経済再開への期待が、株高を後押しか?

 夏の全国高校野球選手権が、今日中止の決断。春の選抜に続き、夏もである。甲子園目指して切磋琢磨してきた高校球児たちや、彼らを支え応援してきた周囲の人々には残念なことだと思います。ただ、夏に大規模なスポーツ大会を行うことは、熱中症などリスクが高い。これを機に、夏の甲子園のあり方そのものを、見つめなおすべきでは?

Photo_20200520225601

|

2021

Photo_20200324231901

 東京五輪及びパラリンピックは、1年延期がIOCで正式に決まったそうです。聖火リレーも中止。チャイニーズウィルス(武漢新型冠状病毒疫)の世界的大流行に終息の兆しが見えない以上、しかたないところではありますが・・・残念です。

 支那共産党は、昭和39年の東京五輪の時に初の核実験(596工程 10月16日)を、あてつけるようにやって見せましたが、今度はバイオハザードで妨害か?許せん。

 

 NYダウは、急反発して今20,000㌦台を回復。1,400㌦以上上げている。このまま20,000ドル台をキープできるか、それとも利食いの売りが入ってまた急降下するか?明日になってみないと分からないな。

|

東京五輪は延期か?チャイニーズウィルスの世界的大流行が、スポーツの祭典を追い詰める。

 先週末のNYダウは、寄付きは20,253㌦15㌣(△165.96)で続伸のスタート。上げ幅は444㌦まで広がり20,531㌦まで上げたのだがその後急降下。19,094㌦27㌣(▲992.92)と19,000㌦を割りかねない勢い。終値はわずかに戻して、19,173㌦98㌣(▲913.21)。先週一週間で、4,011㌦も下げた計算になる。支那共産党支配下の武漢で発生した、チャイニーズウィルス(武漢新型冠状病毒疫)世界的大流行の悪影響は、世界経済を大いに棄損していて、まだ収束の兆しすらない。これも、習近平の隠蔽と情報操作及びテドロスの忖度のせいである。責任とれ!

 一方、三連休明けの日本市場は、寄付き16,570円57銭(△17.74)と小反発でスタート。上げ幅は一時280円まで膨らんだが、その後一転降下して71円マイナスになるという不安定な動き。前引けは16,633円46銭(△80.63)でかろうじてプラス。ところが、後場に入ると一気に300円上げて、その後も好調を維持。17,000円台を回復し、17,049円03銭(△496.20)と500円近い上げ。しかし、買いはそれ以上続かず利益確定の売りが入って値を戻し、結局大引け後の終値は16,887円78銭(△334.95)。17,000円台回復は成らず。

 先週末好調だった、膵炎薬「ナファモスタット」関連の日医工(東証4541)、沢井製薬(東証4555)、持田製薬(東証4534)、東和薬品(東証4553)は、利食いの売りが入ったか軒並み株価を下げた。一方、ゼンソク薬「オルベスコ」関連の帝人(東証3401)は好調を維持し+4.59%だった。「ナファモスタット」も「オルベスコ」も、チャイニーズウィルス感染による武漢肺炎の治療に効果ありということで、先週話題となった薬品である。

 出資先の米国通信衛星ベンチャー「ワンウェブ」に自己破産のうわさがある、ソフトバンクグループ(東証9984)は、なぜか△500でストップ高だった。

 さて、東京オリンピック・パラリンピックに関して、にわかに「延期」の気配が出てきた。チャイニーズウィルス(武漢新型冠状病毒疫)の世界的大流行が収束しない限り、予定通りの実施は困難ではないかという声が、国内外から出てきたのだ。開催国である日本は、現在ギリギリのところで爆発的感染拡大を防いでいるが、予断を許さない。「チャイニーズウィルスは、比較的高温には弱いのではないか」ということで、厄介な日本の夏の殺人的猛暑が今回はウィルスの蔓延を一掃してくれるかもしれない。しかし、日本は夏でも南半球は冬。世界のどこかでまだウィルスは残っている。世界的に終息へ向かわない限り、大規模な世界大会の実施はやはり困難である。まだ結論は出ないが、難しい選択を迫られることに変わりはない。それにつけても、キンペイとテドロスのアホめ!延期になったら、その費用はお前らが払えよ!

 

Photo_20200323214401

|

NYダウ、2200ドル以上下げ!再びサーキットブレーカー発動。トランプ大統領は「五輪1年延期発言」だと?!

 12日のアメリカ市場は開始直後から急降下。2,200㌦以上の下げでサーキットブレーカー発動。15分間取引が停止。しかし、再開後も2,000㌦前後の下げで21,500㌦前後でもみ合い。VIX指数は64まで上げ20%増加。日経先物も金も原油も下がっている。ここに来て、ドナルド・トランプ大統領が「東京オリンピックの1年延期」発言まで飛び出した。

明日起きたとき、世界は別のものに代わっているかもしれない。

|

武漢肺炎はNG?

 昨日のNYダウは、始値は28,995ドル66セント(▲106.85)と100ドル以上下げて始まったが、その後大きく持ち直し、終値は29,276ドル82セント(△174.31)で反発だった。日本市場は、今日は「建国記念の日」で休み。明日、休み明けの相場はどうなるか?

Photo_20200211230701

 WHOが、新型コロナウィルス肺炎の名称に関し、特定の国名や地域名を冠して当該国・地域にマイナスイメージがつかないよう配慮を求めているという話を聞いた。本当なら、武漢肺炎や、武漢熱は使えないということか!

 なら、丁度いい名前があるぞ!「テドロス肺炎」だ!

 

訃報 野村監督がお亡くなりになったそうです。謹んで、ご冥福をお祈りします。

|

必勝!日本がプレミアム12制す。

日本チームおめでとう!

山田選手、見事な逆転3ランでした。

|

ラグビーWカップ決勝戦、南アフリカが優勝!

 横浜国際総合競技場で行われたラグビーWカップ決勝戦、イングランドvs南アフリカは、12-32で南アフリカが勝利した。イングランドは南アフリカのリードにどうしても追いつけず。とにかくトライが遠かった。逆に南アフリカは後半2トライを決め、イングランドを突き放した。ノーサイドの瞬間まで攻め続ける南アフリカに、イングランドは最後まで自分たちのプレーができなかった。

 おめでとう、南アフリカ!

 9月20日に始まった熱闘は、これで幕を閉じた。日本は初めてベスト8進出!地元開催のアドバンテージがあったとはいえ、これは堂々たる成果である。次は4年後、2023フランス大会である。もう新たな戦いは始まっている!がんばれニッポン!次はベスト4以上だ!!

 

Photo_20191102210901

|

南アフリカがウェールズ撃破!

 ラグビーWカップ準決勝第2戦は、南アフリカVSウェールズ。大接戦の末、南アフリカが19-16の僅差で競り勝ち、決勝進出を決めた。

 ウェールズは、決勝戦初進出ならず。決勝戦は11月2日、イングランドVS南アフリカ。どんな試合になるか注目だ!

 

Photo_20191027221501

ちよの父です。娘がお世話になってます。

|

イングランドがニュージーランドを19-7で破る!

 ラグビーWカップ準決勝。世界ランク1位のニュージーランドVSランク2位イングランドの試合は、イングランドがニュージーランドを下して決勝戦進出を決めた。ニュージーランドは、三連覇ならず。

|

巨人撃滅!

ソフトバンク三連覇おめでとう!

 

Photo_20191023223001

全敗の巨人…情けない!

|

より以前の記事一覧