スポーツ

浦和学院、二松学舎大付属高校(東・東京)に快勝!

 東東京代表の二松学舎大付属と対戦した浦和学院は投打において相手を圧倒、打っては6点を挙げる効率的な攻撃で、投げては先発の渡邉勇太朗投手が奪三振10で完封勝利。これで32年ぶりの準々決勝進出である。

がんばれ浦和学院!

|

無念…花咲徳栄敗れる。

 横浜高校と対戦した北埼玉代表・花咲徳栄
 初回に先制したものの、3回には同点にされ続く4回に一挙6点を失いピンチ!6回7回に反撃し、9回に更に2点返し6-8と2点差まで詰め寄るもあと1本が出ず敗戦。残念ですweep

 ありがとう、花咲徳栄高校!

(浦和学院、花咲徳栄の分も頑張ってくれ!)

|

浦和学院が仙台育英撃破!一方、世界ソフトボールは惜しかった。

 南埼玉代表・浦和学院は因縁浅からぬ仙台育英(宮城県代表)と対戦した。試合は初回に先制点を挙げた浦和学院がその後も得点を重ね、9-0で勝利した。がんばれ浦和学院!

 一方、昨夜準決勝戦Ⅰで米国に敗れたソフトボール日本チームは準決勝Ⅱでカナダを3-0で下し、決勝戦で再び米国と対戦した。またも3-3の同点で延長戦に突入、8回表に1点あげるもその裏同点にされ9回は双方無得点。10回表にツーランホームランが出て「今度こそ!」と思ったものの、その裏米国に3点取られサヨナラ負け。準優勝に終わった。う~ん、執念の差か…

|

山の日。

 土日働いている人は、土日が祝日になっても休めない人なんだよね。私も今日は仕事で忙しかった。

 山の日は平成26年制定の新しい休日。8月11日に決まったのには特に意味はない。本当はお盆休みと連携しやすいように8月12日に決まりかけたのだが、その日が「日航ジャンボ機御巣鷹山墜落事故」(昭和60年8月12日)に当たるため11日にずらしたらしい。特に山に関する記念になるような歴史があるわけではない。

 話題は変わるが、世界ソフトボール・準決勝戦Ⅰは惜しいことをした!
 米国相手の一大決戦で、初回にツーランホームランで先制!その後追加点を挙げ、一時は3-0でリードしていたのだが、米国はホームラン攻勢で同点。7回終わっても決着つかず延長戦に。8回表の日本の攻撃(ランナー2塁の状態から始まる)は無得点に終わり、その裏米国にサヨナラ負けを喫した!残念無念・・・

 しかし、明日準決勝Ⅱ(デーゲーム)でカナダに勝てば、決勝戦(ナイター)で再び米国と戦うことができる!がんばれ日本チーム。

|

花咲徳栄、逆転勝利で1回戦突破!

 夏連覇を目指す北埼玉代表・花咲徳栄徳島県代表・鳴門と対戦。1回に2点の先制を許し、7回まで2-4でりーどされたものの8回に一挙3点入れて逆転!9回にもダメ押し3点を入れ、8-5で鳴門に勝利した!

がんばれ花咲徳栄!優勝目指せ。

|

世界バトミントン大会で

 男子シングルスで桃田賢斗選手(香川県出身、23歳)が優勝!男子シングルス初の金メダルの快挙となったそうです。
 一方、女子ダブルス女子では日本勢が金・銀・銅メダルを獲得!二年後の東京五輪での大活躍を期待します。

|

北埼玉代表は花咲徳栄!連覇へGOだ!!

 県営大宮球場で行われた北埼玉大会決勝は、花咲徳栄が古豪・上尾を4-1で下し優勝した。おめでとうございます。
 さきに決まった南埼玉代表・浦和学院と、北埼玉代表・花咲徳栄。決勝はぜひ埼玉対決になってほしいものです。

 しかし、この暑さがどうにも気がかり。何事もなければよいが・・・

|

札幌市は冬季五輪より夏期五輪を招致すればいい。

 今後、関東以西では夏期に野外で大規模なスポーツイベントを開催することは、人道上許されなくなるかもしれない。北海道は、本州よりは涼しいことを武器に積極的な招致運動をするべきかも。
 夏の高校野球は、甲子園へのこだわりは捨てて、全国各地のドーム球場で持ち回りで開催しては?阪神タイガースも、死のロードに出なくて済むなら歓迎するだろう。甲子園は春の選抜のみで。

|

悲しいできごと。

 第100回の記念大会である全国高校野球選手権記念南埼玉・北埼玉大会。市営大宮球場で行われた第二試合で早大本庄と対戦した越谷北高校は、2-4で惜しくも敗北。来年こそは、がんばれ北高!

|

引き分けだけど、大殊勲だと思うよ。

 セネガルに先制点をとられたときは「もうダメか?!」と思ったけど、よく引き分けに持ち込めたと思う。常にリードされた状態で必死に追いついて得た貴重な勝ち点1。これで望はつながった。
 次のポーランド戦は28日(木)予定。ポーランドもこのまま負けっぱなしでは国へ帰れないだろうから、必死だろう。油断はできない。

 がんばれ日本チーム!

|

より以前の記事一覧