ニュース

急転

 24日のNYダウは大きく続伸。31,961㌦86㌣(△424.51)で最高値を更新。取引中、32,000㌦を越えて、32,009㌦64㌣(△472.29)を記録する好調ぶり。ここ暫く元気がなかったナスダックも、反発して13,597.96ポイント(△132.76)。S&P500は3,925.43(△44.06)だった。3指標そろってプラスは、久しぶり。ワクチン接種が進んで、経済活動再開への期待が株価を押し上げたか。

 昨日は484円も下げて30,000円を割り込んだ日本市場だったが、米国市場の好調を受けて、寄付き30,077円27銭(△405.57)であっさり30,000円台回復。一時は30,213円と541円も上げ幅を広げる場面も。大引け後の終値は30,168円27銭(△496.57)で、昨日下げた分をきっちり取り返した。

 新規上場が1件。オンラインゲームの企画・開発とwebソリューションの、アピリッツ(東証JQ 4174)が東証ジャスダックに上場された。公開価格1180円に対し、買気配のまま売買成立せず。特別買気配2714円のまま、上場初日を終えた。

Groovy_20210225212601

|

陥落

 昨日、23日は天皇誕生日で日本市場は休みだったが、米国市場は通常通り。

 まず、22日のNYダウは31,521㌦69㌣(△27.37)、ナスダックは13,533.04ポイント(▲341.41)、S&P500は3,896.50(▲30.21)。

 23日のNYダウは31,537㌦35㌣(△15.66)、ナスダックは13,465.19ポイント(▲67.85)、S&P500は3,881.37(△4.87)だった。まちまちの展開だが、ナスダックの続落ぶりが目立つ。

 一方、休日明けの今日の日本市場は、寄付きから30,020円11銭(▲135.92)で反落スタート。一時30,089円まで戻したが、そこからズルズルと下げに転じ、30,000円を割った。結局下げ止まらないまま、大引け後の終値は29,671円70銭(▲484.33)で今日の最安値。典型的な「安値引き」だった。2月12日以来の、29,000円台へ逆戻り。これまで維持してきた30,000円台から陥落した。今までが過熱気味で、巻き戻しがかかったか?

 

 

Photo_20210224205401

|

2月22日は「竹島の日」。

 朝鮮動乱のどさくさに紛れて韓国に奪われた竹島。これを如何に奪還するか、全国民が知恵を絞る必要がある。覚悟も、問われている。

Photo_20210222184201

閑話休題

 先週末19日のNYダウは31,494㌦32㌣(△0.98)でほぼ横ばい。ナスダックは13,874.46ポイント(△9.10)で4日ぶりに反発。S&P500は3,906.71(▲7.26)で4日続落であった。

 週明けの今日の日本市場は、寄付き30,281円78銭(△263.86)で反発スタート。一時は30,458円13銭(△440.21)と上げ幅も440円まで広がった。しかし、その後利益確定の売りが入って上げ幅は縮小。大引け後の終値は30,156円03銭(△138.11)だった。

 先週末新規上場したものの、上場初日は値がつかなかった、WACUL(東証マザーズ4173)は、今日後場に入ってようやく初値4,645円がついた。終値は4,495円だった。

Photo_20210222184001

猫の日よりも、竹島の日が重要ですよ。

|

悲報。航空自衛官(20代、2等空尉)が、米国で訓練中事故死。

 航空幕僚監部によると、2月20日8時ごろ(日本時間)、アメリカ合衆国アラバマ州モンゴメリー空港までの距離3kmの地点において、米国出張中の航空自衛官及び米空軍の教官操縦士が搭乗する、T-38練習機(コロンバス空軍基地所属)が、空港進入中に墜落。2名の死亡が確認されたという。詳細は不明。

 あたら、若い命が・・・残念です。

https://www.mod.go.jp/asdf/news/houdou/R2/20210220.pdf

38

|

フランス海軍フリゲート「プレリアル」、北朝鮮の瀬取り監視に参加。

 防衛省によれば、国連安保理決議により禁じられた「瀬取り」を含む朝鮮民主主義人民共和国(と自称する独裁国家。民主主義のかけらもない)の違法な海上行動を監視するため、フランス海軍フリゲート「プレリアル」が2月から3月上旬まで警戒監視行動に当たるそうです。

Photo_20210218212101

 フランス海軍フリゲート「プレリアル」(Prairial F731)。画像の出典は、防衛省自衛隊の公式サイトこちら)。フロレアル級フリゲート2番艦。基準排水量2,600㌧、全長95.5m。100㎜単装砲×1、20㎜単装機銃×2、MM40「エグゾセ」艦対艦ミサイルランチャー×2、533㎜5連装魚雷発射管×2、ヘリ1機搭載。1992年(平成4年)就役。艦暦30年近いベテランで、過去数回来日している。航海の安全、任務の完遂、武運長久を祈ります。

 

閑話休題

 17日のNYダウは31,613㌦02㌣(△90.27)で最高値をまた更新!31,600㌦台に突入。一方、ナスダックは13,965.49ポイント(▲82.00)で続落。S&P500も3,931.33(▲1.26)で続落。ダウ平均は上昇中だが、他は下降気味。まちまちだ。

 日本市場は寄付き30,311円98銭(△19.79)で反発スタート。一時30,560円49銭(△268.30)まで上げ幅を広げたが、その後利益確定の売りが入ったか徐々に株価は下落。大引け後の終値は30,236円09銭(▲56.10)で続落だった。

 新規上場が1件。化粧品・サプリメント製造販売の、アクシージア(東証マザーズ4963)。買気配のまま直ぐに値がつかなかったが、10時過ぎてから初値2051円がついた。高値2440円、終値は2300円で上場初日の取引を終えた。

|

日経平均がついに30,000円台回復!

 先週末12日のNYダウは、31,458㌦40㌣(△27.70)で反発。最高値を更新。ナスダックは14,095.47ポイント(△69.70)でこちらも最高値を更新。S&P500は3,934.83(△18.45)でこちらも最高値を更新した。武漢肺炎対策の追加経済政策の早期実施への期待が後押しか。

 一方、週明け日本市場は寄付きから29,662円41銭(△142.34)で反発スタート。その後順調に上げ幅を広げ、9時20分過ぎに30,006円を記録。取引中に株価が30,000円台となるのは、1,990年8月3日以来。その後は利益確定の売りが入って29,900円前後でもみ合いに。しかし、大引けに向けて上昇に向かい、終値は30,084円15銭(△564.08)だった。米国市場の好調ぶりと、10~12月期のGDP速報値が思いのほか良かったこと、12月決算企業の今期見通しが良かったことが、週明け早々の30,000円台回復につながった模様。

Photo_20210215181101

『鬼滅の刃 遊郭篇』の2021年アニメ化、放送決定!

詳細https://www.aniplex.co.jp/news/index.html#n56479

ANIPLEXの親会社のソニー(東証6758)の株価は、11,970円(△125)+1.05%だった。

|

地震は恐ろしい。どう注意していても、発生そのものは止められない。

怖いから、オレ寝る。

Photo_20210214210901

|

五輪まで半年切ったこの時期に会長を引き摺り下ろす。マスゴミは何考えてんだ!

 一連の騒動が元で東京五輪パラリンピックが中止になれば、マスゴミだって大損だろう。テレビ局も新聞も、特番やら特集やらの準備をしていたんじゃないのか?それとも、五輪を中止に追い込むことが、本当の目的か?

 後継会長には、若者か女性がいいという意見があるとか。ばっかじゃねえの?!こんな状況で「会長やってください」と要請されて、受諾する奴がいるかよ。お飾りで良いとか思っているなら、とんだ間抜けだ。

 今まで森さんに面倒ごと押し付けて散々世話になって、いざとなったら掌返した忘恩の輩ども!後始末は、てめえらで何とかしろ!

 

Photo_20210213191001

若者、女性・・・

|

あばよ、戦友

 超ベテラン声優で、俳優としてもナレーターとしても活躍された、森山周一郎さんが8日にお亡くなりになっていたそうです。享年86歳。謹んで、ご冥福お祈りいたします。

Photo_20210210204401

「またいつか・・・な。」

 

 

閑話休題

 9日のNYダウは31,375㌦83㌣(▲9.93)で、7日ぶりに反落。ナスダックは14,007.69ポイント(△20.05)で、ついに14,000ポイントを突破!史上最高値を更新中。S&P500は3,911.23(▲4.36)でわずかに反落。まちまちだが、高値への警戒感が出たか?

 米国市場がややさえないところ、日本市場も寄付きは29,412円55銭(▲93.38)で反落スタート。一時、下げ幅は137円まで広がったが、そこから切り返してプラスに転じた。終わってみれば、29,562円93銭(△57.00)の高値引け。30,000円へ、また一歩近づいた。

 明日は紀元節で市場も休みである。明後日も好調を維持してくれよ!

|

マスゴミがバカ騒ぎする「森発言」。一番困っているのは習近平ですよね。

 マスゴミが世界に広めた所謂「女性蔑視発言」がもとで、もし東京五輪・パラリンピックに赤信号がともるなら、ウィグル人ジェノサイドの共産党開催の2022北京冬季五輪なんて一発アウトだ。オリンピック憲章に反するどころか、明らかに人道の敵。「平和でよりよい世界の建築」に、逆行している。中止となれば、習近平の面目丸つぶれだろう。

次の話題

 海上自衛隊の潜水艦「そうりゅう」(SS501)の事故続報。潜水艦の司令塔(セイル)の横についてる潜舵が、衝突のため折れ曲がったことがニュース映像で確認できた。他に、セイルについてるマストハウジング、ペリスコープ(潜望鏡)、アンテナも破損したらしい。その為、地上基地との通信ができず、陸上に近づけて隊員のスマホで事故の一報を入れたという話も聞こえてきた。ただし、現時点ではまだ不明な点が多く、断定はできない。

 事故の原因についても、大型船の船底に接近した状態で潜航することで騒音等を消し、被探知を避けて移動する訓練中に、船底との距離を誤ったか、急に浮力がついて(海水温、塩分濃度、pH値の変化などによる)ベント操作も潜舵によるコントロールも間に合わずぶつけたのではないかと言う話も出ている。こちらも、詳しい事故調査の結果待ちだ。

Photo_20210209202701

51,000総㌧の巨体に鉄鉱石を積んだ状態の重い船。水中排水量4,200㌧の「そうりゅう」が船底に当たっても、「・・・今、何かしたか?」ってぐらい大した衝撃もなかったのだろう。(排水量とトン数

次の話題

 8日のNYダウは31,385㌦76㌣(△237.52)で、久しぶりに過去最高値を更新!ナスダックは13,987.64ポイント(△131.34)、S&P500も3,915.59(△28.76)で最高値更新中。

 米国市場に負けじと、日本市場も寄付き29,435円61銭(△47.11)で三日連続の続伸スタート。一時マイナス38円と不安定なところもあったが持ち直し、大引け後の終値は29,505円93銭(△117.43)で昨年来最高値を更新。いよいよ、30,000円が見えてきた!

|

より以前の記事一覧