映画・テレビ

『ブレイブストーム』と『GODZILLA 怪獣惑星』を観てきた。

 実に、半年ぶりぐらいに日曜休みになった。休みを利用して、観たかった映画を2本観てきた。両作品とも、まだ公開したばかりなので、マナー違反のネタバレにならないよう、ごく簡単なあらすじと感想を述べてみたい。

『ブレイブストーム』公式サイト
 
 1作目はこれ。宣弘社の特撮作品、『シルバー仮面』と『レッドバロン』を、大胆にブレンドした作品!
 西暦2050年、人類は絶滅寸前だった!キルギス星人による惑星大気の改変によって、ほとんどの人類は死に絶えた。数少ない生き残り、春日五兄弟(光一、ひとみ、光二、光三、はるか)は、キルギス星人の巨大ロボの情報を奪取し、まだ侵略が本格化しない2013年の世界へと時間遡航を図る。未来を変えるために。しかし、たとえ成功しても、時間遡航の瞬間から時間の流れは分岐して(←ここ重要)、別の歴史の流れができるだけで、自分たちの世界そのものは変わらない。さらに、システム作動のために長兄の光一とひとみ(なぜか壇蜜)は残留しなければならない。今生の別れだが、もう時間がない!二人を残して、光二達三人は過去へ向かう。そこで、キルギス星人の巨大ロボットに対抗できるロボ、レッドバロンを建造するために。
 で、その後何やかんやあって(詳しい事情は割愛)、レッドバロンと敵ロボ・ブラックバロンが激突する!キルギス星人が語る地球侵略の理由(なぜ地球なのか?)は、昭和40年代以降の日本の特撮やアニメで何度も繰り返されたのと同じような理由。さほど驚くほどではないが、半世紀経ってまだ同じ弱点を抱えている人類に呆れる。
 さて、本作最大のどんでん返しは、2050年の世界に残留した、光一とひとみの運命。ラストで突如飛び込んできた、テンガロンハットの謎の男(演:寺脇康文)に促され、外に出た二人が見た驚愕の光景!

 ミライ変わりすぎだろ! ⇒To be continued

GODZILLA 怪獣惑星』(公式サイト

 2作目はこれ。ゴジラのアニメ化だが、完全なSF作品になっている。評価は分かれるかもしれないが、私はいい作品だと思います。ただ、『シン・ゴジラ』ほどのヒットは無理かと…
 アニメーション制作がPOLYGON PICTURESなので、かなり『シドニアの騎士』のテイストが入っています。
 しかし、アレはもう、サイタマ先生以外では倒せんな・・・

 で、次回作も一応決定。タイトルは『GODZILLA 決戦機動増殖都市』(2018年5月、公開予定)。増殖都市って、『BLAME!』かよ?!


(…しかし、両作品とも、興業が大コケしたら続編は無しかもしれんぞ)


Photo


|

「進化」と「変態」。

Photo


 「進化」(evolution)とは、何世代か掛けての変化であると、考えられている(誰も見たものはいないが)。一方、ある個体がその生涯(一世代)の中で変化することは「変態」(metamorphosis)である。芋虫がさなぎを経て蝶になったり(完全変態)、ヤゴがトンボになる(不完全変態)あれである。

 映画『シン・ゴジラ』の中で、突如東京湾に出現した謎の生物は、都合三段階の変化を遂げてゴジラとなった。劇中ではこの変化を「進化した」と称していたが、「変態」が適切だろうと思われる。
 では、なぜ進化などと不正確な表現を用いたのだろうか?やはり、『ポケモン』の影響が強いのではないかと思われる。『ポケモン』」では、例えばピカチュウがライチュウに「進化」するが、どう見ても「変態」が適切。それなのに、なぜ進化という言葉を使ったのだろうか?推測だが、「変態」という言葉にはアブノーマルなイメージが強いので、使用が躊躇われたのではなかろうか?余談だが、進化という言葉を使ったせいで、イスラム圏(教義上、進化を認めない)では、マーケティングに苦労したともいう。
 
 『ポケモン』でついた間違ったイメージが、『シン・ゴジラ』にも影響を与えたかもしれない。そう考えると、なかなか興味深い!


|

いよいよ明日は『シン・ゴジラ』

 去年大ヒットした映画『シン・ゴジラ』。明日、地上波テレビ初見参である。
 何度も映画館に通って観た映画だが、テレビで観るとどんなものだろうか?楽しみでもあるし、不安でもある。

|

先週の『レイダース 失われたアーク』には失望させられた。

 映画最大の山場である、ナチスの桂文珍がドロドロになるシーンが、なぜかカットされていた。あれが楽しみだったのに。

|

『純愛偏』、意味深なタイトルだ。

 ズォーダー大帝が、やたら愛を説く変なおじさんになっていて、面食らった。

 ガトランティスには、どうもゼントラーディの要素が入っているようだ。ズォーダーが語る、彼らの悲願とやらが気になる。まさか「我らにも、文化、甦るか」とか言いださないと思うが。(エキセドルっぽい新キャラも出てきた)

 ガミラスの駐在武官という触れ込みの、クラウス・キーマン。名前の通り、この物語のガミラス側のキーマンだ。それに、どうも「あの御方」の血縁者らしい。

 古代と雪は、あの後相当バツが悪い思いをしたろうな。

 第四章『天命偏』は、来年1月27日から上映予定。今から待ち遠しい。


 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』

|

ドイツ兵の顔が見えない『ダンケルク』。

 休日を利用して、映画『ダンケルク』(Dunkirk クリストファー・ノーラン監督、ワーナーパイオニア作品)を観てきた。一言でいえば、今まで見たことのない戦争映画だった。

 例によって、詳しい話はネタバレになるので簡単に説明する。

 今作は第2次大戦初期のドイツ軍による電撃戦によって敗退し、フランス北部のドーバー海峡を望む港町ダンケルクに包囲されたイギリス遠征軍とフランス軍を救出する「ダイナモ作戦」(1940.5/6~6/4)を、撤退を待つ地上の兵士たちと、海を渡って救出に向かう小型船、上空援護に出撃した英国空軍(RAF)のスピットファイア戦闘機(1個小隊3機編成)という、陸海空の三つの視点から同時進行で描いている(途中時系列は前後する)。何しろ撤退戦、すなわち「負け戦」であるため、かってのハリウッド製戦争映画のような盛り上がりやエンターテイメント性は無い。出演する俳優もほとんど無名で、スター性も絶無。ともすればひどく地味な(かつ、悲惨なだけの)映画になりそうなのだが、異様な臨場感があって最後まで目が離せなかった。
 特徴的なのは、敵側のドイツ兵の描写が無い!ドイツ軍の戦闘機メッサーシュミットBf109や、急降下爆撃機Ju87スツーカ等は出てくるが、パイロットは顔を出さない。冒頭の市街戦でも、ただ銃撃音と弾着のみでドイツ兵も戦車も出ない。ラスト付近でようやくドイツ兵らしきものが出てくるが、ヘルメットや銃は見えても顔がほとんど見えない。わざと映さないようにしてるようだ。ここらへんに、監督のメッセージがありそうである。

映画公式サイト→http://wwws.warnerbros.co.jp/dunkirk/

|

ご都合主義と笑わば笑え!『きみの声をとどけたい』は、傑作映画だ!!

 長編アニメ映画 『きみの声をとどけたい』(監督:伊藤尚往 制作:東北新社、マッドハウス)を観てきた。予備知識一切なしで観に行ったのだが、これが傑作だった!ネタバレはマナー違反なので詳しくは書けないが、優れた青春群像劇である。見応えあった。感動した!評価は100点満点中99点あげてもいい。(マイナス1点は、ラストがちょっと蛇足かなと)
 ここ最近観た映画の中では、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(総監督:新房昭之 制作:シャフト)や『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN Ⅴ 激突 ルウム会戦』(総監督:安彦良和 制作:サンライズ)より面白かった!(※個人の感想です。)

 昨年公開の『君の名は。』のようなメガヒットは無理だと思うし、『この世界の片隅に』のような静かなブームを起こすこともないかもしれないが、本当にいい映画だったよ。暇な人は、観に行ってみて。全国TOHO系その他で公開中。損はさせないよ。

詳しくは以下
映画公式サイト→http://kimikoe.com/movie/

|

『君の名は。』公開からちょうど1年。

 去年公開され大ヒットした映画『君の名は。』
 ちょうど去年の8月26日に公開され、現在国内で興行収入250億円!世界中で400億円だという。すごいな。

|

まさに愚行!

 別に、上映中止にしなくてもいいじゃんpout

|

五郎さんとハマちゃんが激突!

 現在絶賛放映中のドラマ『孤独のグルメseason6』。第5回は世田谷区・太子堂が舞台。すずらん通の回転寿司店・台所家で食事と言う、珍しい展開。変わったネタを色々堪能し、いざお会計と言う段で、来店した釣り人風の客とぶつかってしまう!それが誰あろう、ドラマ『釣りバカ日誌』のハマちゃんこと浜崎伝助(濱田岳)。まさか、テレビ東京のドラマ同士でこんなコラボをやるとはね。

 逆に、5月26日(金)放送予定の『釣りバカ日誌』に、五郎さんが出るという。こちらも注目だ。

『釣りバカ日誌』X『孤独のグルメ』奇跡のコラボ

|

より以前の記事一覧