映画・テレビ

ドイツ兵の顔が見えない『ダンケルク』。

 休日を利用して、映画『ダンケルク』(Dunkirk クリストファー・ノーラン監督、ワーナーパイオニア作品)を観てきた。一言でいえば、今まで見たことのない戦争映画だった。

 例によって、詳しい話はネタバレになるので簡単に説明する。

 今作は第2次大戦初期のドイツ軍による電撃戦によって敗退し、フランス北部のドーバー海峡を望む港町ダンケルクに包囲されたイギリス遠征軍とフランス軍を救出する「ダイナモ作戦」(1940.5/6~6/4)を、撤退を待つ地上の兵士たちと、海を渡って救出に向かう小型船、上空援護に出撃した英国空軍(RAF)のスピットファイア戦闘機(1個小隊3機編成)という、陸海空の三つの視点から同時進行で描いている(途中時系列は前後する)。何しろ撤退戦、すなわち「負け戦」であるため、かってのハリウッド製戦争映画のような盛り上がりやエンターテイメント性は無い。出演する俳優もほとんど無名で、スター性も絶無。ともすればひどく地味な(かつ、悲惨なだけの)映画になりそうなのだが、異様な臨場感があって最後まで目が離せなかった。
 特徴的なのは、敵側のドイツ兵の描写が無い!ドイツ軍の戦闘機メッサーシュミットBf109や、急降下爆撃機Ju87スツーカ等は出てくるが、パイロットは顔を出さない。冒頭の市街戦でも、ただ銃撃音と弾着のみでドイツ兵も戦車も出ない。ラスト付近でようやくドイツ兵らしきものが出てくるが、ヘルメットや銃は見えても顔がほとんど見えない。わざと映さないようにしてるようだ。ここらへんに、監督のメッセージがありそうである。

映画公式サイト→http://wwws.warnerbros.co.jp/dunkirk/

|

ご都合主義と笑わば笑え!『きみの声をとどけたい』は、傑作映画だ!!

 長編アニメ映画 『きみの声をとどけたい』(監督:伊藤尚往 制作:東北新社、マッドハウス)を観てきた。予備知識一切なしで観に行ったのだが、これが傑作だった!ネタバレはマナー違反なので詳しくは書けないが、優れた青春群像劇である。見応えあった。感動した!評価は100点満点中99点あげてもいい。(マイナス1点は、ラストがちょっと蛇足かなと)
 ここ最近観た映画の中では、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(総監督:新房昭之 制作:シャフト)や『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN Ⅴ 激突 ルウム会戦』(総監督:安彦良和 制作:サンライズ)より面白かった!(※個人の感想です。)

 昨年公開の『君の名は。』のようなメガヒットは無理だと思うし、『この世界の片隅に』のような静かなブームを起こすこともないかもしれないが、本当にいい映画だったよ。暇な人は、観に行ってみて。全国TOHO系その他で公開中。損はさせないよ。

詳しくは以下
映画公式サイト→http://kimikoe.com/movie/

|

『君の名は。』公開からちょうど1年。

 去年公開され大ヒットした映画『君の名は。』
 ちょうど去年の8月26日に公開され、現在国内で興行収入250億円!世界中で400億円だという。すごいな。

|

まさに愚行!

 別に、上映中止にしなくてもいいじゃんpout

|

五郎さんとハマちゃんが激突!

 現在絶賛放映中のドラマ『孤独のグルメseason6』。第5回は世田谷区・太子堂が舞台。すずらん通の回転寿司店・台所家で食事と言う、珍しい展開。変わったネタを色々堪能し、いざお会計と言う段で、来店した釣り人風の客とぶつかってしまう!それが誰あろう、ドラマ『釣りバカ日誌』のハマちゃんこと浜崎伝助(濱田岳)。まさか、テレビ東京のドラマ同士でこんなコラボをやるとはね。

 逆に、5月26日(金)放送予定の『釣りバカ日誌』に、五郎さんが出るという。こちらも注目だ。

『釣りバカ日誌』X『孤独のグルメ』奇跡のコラボ

|

徹子の部屋41年。

 テレビ朝日の昼の番組、『徹子の部屋』(月~金12:00~30)。
 放送開始は、昭和51年2月2日。本日で放送開始満41年!すごいね!

『徹子の部屋』http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/

|

MX4D版『ルパン三世カリオストロの城』を観てきた。

 『ルパン三世カリオストロの城』は、昭和54年に公開されたルパン三世の劇場版第二作。宮崎駿監督作品の傑作中の傑作である。
 過去、リバイバルされるたびに、何度劇場に足を運んだか分からない。セルアニメとしては、技術的にもう完成の域に達していたといっていい、古典的名作だ。今回それがMX4D化されたというので、観てみた。
 冒頭からとにかく大揺れ!シトロエン2CV(フランス製大衆車)に乗って逃げるウェディングドレスの少女を追うハンバー・スーパー・スナイプ(英国製リムジン)を、さらに追いかけるルパンたちのフィアット500(イタリア製大衆車にスーパーチャージャーを付けた魔改造車)のカーチェイスや、伯爵のカゲたちの襲撃シーン、後半の礼拝式場での大乱闘など、もう舌噛みそうなぐらい揺れまくり!発砲時のフラッシュや、高所での旋風など、大迫力であった。
 ルパン役の山田康雄さんをはじめ、銭形警部役の納谷悟朗さんや永井一郎さん(ジョドー)と言った、物故された名声優たちの声。クラリス役の島本須美さんの初々しさ。38年の時を超え、堪能させていただいた。
 過去の名作を、MX4D化してリバイバルするのは、なかなか良い!もっと、多くの作品をMX4D化してもらいたいと思う。

|

ジバニャン、バイオ・ハザードにも勝つ!

 興業通信社今週のシネマランキング(1月7~8日)によれば、『妖怪ウォッチ』が先週5位から急上昇で1位となった。先週1位の『バイオハザード・ザ・ファイナル』は2位に後退。冬休みのファミリー層の入りがよかったことが、『妖怪ウォッチ』を後押しした模様。
 『君の名は。』は3位をキープ。公開20週目でまだこの人気である!『この世界の片隅に』は10位、9位に『傷物語Ⅲ冷血偏』(初公開)が入っている。
 『妖怪ウォッチ』は、アニメパート実写プラスCGパートが入れ替わる構成。「実写」と聞いて嫌な予感がしたのだが(過去、実写化で失敗した作品多数!)、なかなか良くできていた。シリアスな部分を実写パートにすることで、実写らしいリアル感が旨くいかされていた(実写版の人面犬と、打ち水するオバサンが衝撃的!)。
 ストーリー自体も、結構感動的(泣くほどではないが)。これは成功作と言ってよさそうだ。

|

レストラン・アトム、閉店してたのか?!

 昨夜の『孤独のグルメお正月SP!井之頭五郎の長い一日』の中で、五郎さんがかつて訪れた江東区枝川のバグダッド・カフェ、レストラン・アトムSeason4・第十話)が閉店していた。残念だ。

|

明日が待ち遠しい!

 明日、23:20からテレビ東京で『孤独のグルメ正月スペシャル~井之頭五郎の長い一日』が放映される。今からとても楽しみだ。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume_shougatsu_sp/

|

より以前の記事一覧