映画・テレビ

ここはやはり消費税減税で。凍結とか廃止なら尚良し!

 16日のNYダウは28,032㌦38㌣(△36.78)で4日続伸。取引中には28,364㌦77㌣(△369.17)と370ドル近く上げ幅を広げる場面もあったのだが、FRBのパウエル議長の会見内容がゼロ金利を23年待つまで続けるというだけで新鮮味がないことが失望されたか(←贅沢な話だ!)急に大きく落ち込み、上げ幅は10分の1に縮小。かろうじてプラスを維持。一方、ナスダックは11,050.46ポイント(▲139.85)で反落。ハイテク関係の売りが止まらず。S&P500も3,385.49(▲15.71)で反落した。

 まちまちな米国市場の後を受けて始まった日本市場は、寄付きから23,416円62銭(▲58.91)で反落スタート。冴えない動きで、一時下げ幅は203円まで広がった。大引け後の終値はやや戻して23,319円37銭(▲156.16)。市場は菅義偉新内閣がアベノミクスを継続することに一定の評価をしているのか、23,000円を割り込むほど大きく下げることはなかったものの、冴えない動きに終始している。何か、市場が湧きたつような経済政策が欲しい。ここは一つ、解散総選挙で消費税減税をぜひお願いします!

 

Photo_20200917215301

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーグリーン』 明日9月18日(金)ロードショウ!

http://violet-evergarden.jp/

|

うっとうしいけど、もう少し我慢して。

Photo_20200913223701

|

思わしくない、週の始め。

 先週末、4日のNYダウは28,133㌦47㌣(▲159.42)で続落。取引開始時は反発し、一時上げ幅が247㌦まで広がった後急落!28,000㌦を割り込んで27,664㌦まで下げる場面も。その後、前日終値付近まで戻したのだが、結局続落で終わり。ナスダックもS&P500も続落だった。やはり調整局面に入ったか、ハイテク株の低迷が響いた。

 週明けの日本市場は、米国市場の低迷を受けて23,145円47銭(▲59.96)で続落スタート。下げ幅が一時118円まで広がった後反発して、わずかながらプラスに転じる場面もあったものの買いが続かず。何度か上がったり下がったりを繰り返したのち、大引け後の終値は23,089円95銭(▲115.48)でかろうじて23,000円台はキープした。

 

Photo_20200907232901

シリーズ本編完結から、もう20年か・・・早いね。

 

『魔女見習いをさがして』公式サイト https://www.lookingfor-magical-doremi.com/

|

ドジョウはなぜ「どぜう」と書くのか?

Photo_20200902233001

 林修先生の「ことば検定」によれば、本来は「どじょう」は旧仮名で「どぢやう」と表記するのだが、「四文字だと縁起が悪い」ということで、「どぜう」と三文字で表記したところ、ゲン担ぎの江戸っ子に受けたんだとか・・・(※諸説あります)

 

閑話休題

 1日の米国市場は、IT・ハイテク株の堅調ぶりが株価全体を引き揚げ、NYダウは28,645㌦66㌣(△215.61)で反発。ナスダックは11,939.66ポイント(△164.21)で最高値更新。S&P500も反発して3,526.65(△26.34)で最高値を更新した。

 米国市場の堅調を受け、日本市場も寄付きから大きく反発。前日終値よりプラス圏を維持したまま、大引け後の終値は23,247円15銭(△109.08)と三ケタの株高だった。

|

Tik Tok が若者に人気?!めざましテレビは、自分で自分の目を潰したのか?

Photo_20200820230901

めつぶしくん

 フジテレビは、今アメリカで何が起きてるか理解してるのだろうか?チャイナに対するドナルド・トランプ大統領の一連の動きを知らないのか?目を覚ませ!

 

 19日の米国市場は、主要3指数ともマイナスに!NYダウは27,692㌦88㌣(▲85.19)で三日続落。最高値更新中だったナスダックは、11,146.46ポイント(▲64.38)で反落。前日に半年ぶりに最高値更新のS&P500も3,374.85(▲14.93)で反落した。

 日本市場は寄付きから23,003円58銭(▲107.03)で反落してスタート。23,000円前後でのもみ合いから次第に下げ幅が拡大。23,000円を大きく割り込み、22,880円62銭(▲229.99)で引けた。

|

訃報 渡哲也さん死去(令和2年8月10日 享年78歳)

Photo_20200814203601

 俳優として、歌手として、昭和を代表する名優がまた一人。

 謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

 

 

 13日のNYダウは、27,896㌦72㌣(▲80.12)で反落。一時は下げ幅が187㌦まで広がる場面もあったが、失業保険の新規申請者数及び継続者数が市場の予想よりも減少していたことが好感されたか、やや値を戻した。ナスダックは11,042.50ポイント(△30.25)で続伸。S&P500は3,373.43(▲6.92)で反落した。

 日本市場は寄付き23,323円92銭(74.31)で続伸スタートだったが、今週に入って920円近く上げたせいで利益確定の売りが入るのか、マイナスになったりプラスに転じたりと方向が定まらない。何度か上昇下降を繰り返したのち、上昇場面の23,289円36銭(△39.75)で引けた。今週これで四日続伸(月曜は「山の日」で休み)、上げ幅は959円に達した。

|

明日から三連休。

 6日のNYダウは、27,386㌦98㌣(△185.46)で5日続伸。ナスダックは11,108.07ポイント(△109.67)で、ついに11,000台に乗せた。S&P500も続伸である。

 アメリカ市場に比べ、日本市場はパッとしない。寄付きこそ22,433円78銭(△15.63)とわずかに反発したのだが、しばらく前日終値付近でもみ合った後はマイナスに。下げ幅は最大で213円まで広がった。三連休前で様子見か?大引けに向けて、やや買いが入って値を戻したものの、大引け後の終値は22,329円94銭(▲88.21)で三日続落。一週間トータルでは、先週末に比べプラス620円だが、後半元気がないのが気になるところ。米国市場の好調ぶりとは対照的だった。

Photo_20200807230301

水曜どうでしょう2020新作は、四人で海外ロケらしい。10月28日から放送だと。https://www.youtube.com/watch?v=vcvNMiqJNvo

|

日経平均7営業日ぶりに大反発‼ そして、戦国「鍋」が「炒飯」に?!

 先週末、31日のNYダウは、26,428㌦32㌣(△114.67)で反発。取引開始直後に26,409㌦33㌣(△95.68)からどんどん下がり続け、26,013㌦59㌣(▲300.06)と26,000㌦割る寸前まで落ちたが、そこからV字回復(?)を遂げて終値は114㌦プラスに。

 IT関連株が好調で、Appleは10%も株価を上げ一社でダウ平均を260ドルも上げた。AmazonFacebookも好決算で株価上昇!ナスダックは3日続伸で10,745.27ポイントで、S&P500は反発した。

 日本市場は寄付きから21,947円58銭(△237.58)と、久しぶりに大きく反発してスタート。順調に上げ幅を広げ22,000円台を回復。一時上げ幅は504円まで広がった。大引け後の終値は、22,195円38銭(△485.38)だった。

 業種別指数で見ると、33業種中32がプラス。しかし、「空運業」のみマイナス1.89%。日本航空(東証9201)は、チャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)の影響で4~6月期の決算で純損益が937億円の赤字!全日空(東証9202)も1088億の赤字に!それぞれ今日の終値は、JALが1,675円50銭(▲36)、ANAが2,134円50銭(▲38.5)だった。

 米国の、ガソリンスタンド併設コンビニのスピードウェイ社を買収すると発表した、セブンイレブンを経営するセブン&アイ・ホールディングス(東証3382)は、終値は3,652円(▲154)と4.8%も下げた。EV化が推進される中、ガソリンスタンド併設は時代に逆行すると懸念された模様。

Photo_20200803221001

 10年前、歴史ブームの一翼を担ったとされる(?)、歴史バラエティ『戦国鍋TV』が、かつてのスタッフが再結集し装いも新たに復活した!その名は、『戦国炒飯TV』!

詳細はこちら→https://sengokuchahantv.com/

|

延期になっていたクレヨンしんちゃんの映画、公開日が決定!(令和2年9月11日予定)

 武漢で発生し、世界中で猛威を振るうチャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)の影響で、公開が延期になっていた、『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』の新たな公開日が、本年9月11日(金)に決定したとのことです。

 これ以上、延期になりませんように!

詳しくは公式サイトへhttps://www.shinchan-movie.com/

Photo_20200802233501

|

『サイレント・ヴォイス』というドラマは、なかなか良かった。

 テレビ東京で金曜夜8時のドラマとして放映されていた、『サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官 楯岡絵麻』といドラマが、今日最終回だった。なかなか面白いドラマだった。滅多に地上波のドラマを見ないのだが、これはついつい観てしまった。
 話はほとんど取調室でのやり取りで、大掛かりなロケもセットもほぼ無し。登場人物も絞られていて、ある意味テレビ東京向きのドラマ(もとは、BSテレ東のドラマ)。その分、被疑者と主人公である楯岡とのやり取りが、細かい心理描写を如何にビジュアルで見せるかに演出の妙が現われている。予算をかけなくても、面白いドラマはできると改めて認識させられた。他局もテレ東見習えよ!

Photo_20200710222601

 

 9日のNYダウは25,706㌦09㌣(▲361.19)と大きく反落した。チャイニーズウィルス感染再拡大が投資家心理を委縮させ、利益確定の売りにつながるようだ。S&P500も反落したが、ナスダックはハイテク関連株が依然好調なのか続伸で、10,545.75ポイントと今日も最高値を更新した。

 日経平均は寄付きこそ22,534円97銭(△5.68)とわずかに続伸で始まったのだが、上値が重く伸び悩み、昨日の終値を挟んでもみ合いに。34円上げたり、111円も下げたりと前場は不安定な展開。後場に入ると次第に売りが先行して値が下がり、大引け後の終値は22,290円81銭(▲238.48)とかなり下げて今週の取引を終えた。

 チャイニーズウィルスの感染者が東京でまた200人以上出た。2週間前はちょうど東京都知事選も酣のころ。当初は三密を避けるため街頭演説もやや抑制気味だったが、投票日が近づくにつれどうしても白熱化。ついつい密密密になったのがまずかったか?

|

より以前の記事一覧