経済・政治・国際

今度は「吸着式機雷」(limpet mine)という話も出てきた。

 オマーン湾のホルムズ海峡付近で発生したタンカー攻撃。うち、1隻に関して運行していた国華産業の記者会見では「砲撃された」という話だったが、米国のミサイル駆逐艦「ベインブリッジ」(USS Bainbridge DDG-96 アーレイバーク級イージスミサイル駆逐艦46番艦)のダイバーが、攻撃された「コクカ・カレイジャス」号から不発の「吸着式機雷」を発見したと、外電が伝えている。

記事全文はこちら→https://www.businessinsider.com/us-navy-finds-mine-possibly-pointing-to-iran-tanker-attack-2019-6

 この吸着式機雷というものは、ダイバーが海中から目標となる艦船の船底に吸着させ、一定の条件で爆発させる(無線等による遠隔操作、時限式、あるいは目標船舶が出航後に機雷の外部カバーが外れて小型のスクリュウプロペラが露出し一定の回転数に達すると自爆する等)ものだという。海賊風情が扱えるものではない。しかし、公表された写真だと、船底ではなく喫水線よりかなり上の船体側面に、ドイツ国防軍の対戦車用吸着地雷(下図)みたいなものが張り付いているように見える。一体これはなんだろう?気になるのは、国華産業の会見で「飛翔物を見た」という証言が、当該船の乗組員よりあったという点。その証言が正しければ、機雷ではなく艦載火砲かロケット弾あるいはミサイルで攻撃されたということになるのだが?

 国華産業の記者会見では確か3時間の時間差を置いて2回攻撃されたらしいのだが、あるいは最初の攻撃が船底部にセットされた吸着式機雷の爆発で、その後とどめを刺すために小型船か何かで近づいて船体側面に対艦攻撃用の吸着爆雷を撃ち込んできたのだろうか(「飛翔体を見た」という証言)?現状では詳しい攻撃方法も、攻撃者の正体も判然としない。より詳しい続報が待たれる。

Haftholladung

ドイツ国防軍の対戦車(装甲)用吸着地雷 Haftholladung 。第二次大戦中に使われた、個人用対戦車兵器である。敵戦車に肉薄し、下部の磁石部分を敵装甲に吸着させ起爆する。

 

 

|

「六四天安門事件」から30年。過去の話ではない。

六四天安門事件」(1989年6月4日)からちょうど30年。共産党の私兵集団である人民解放軍という名の極道共が、自由を求める人民を大量虐殺した事件である。30年たった現在でも、共産党はいまだ大陸にあって独裁制を維持し、虐殺機関・人民解放軍も健在。その矛先は、いつ周辺諸国、なかんずく我が日本国に向けられないとも限らない。共産党独裁体制が存続する限り、事件はまだ終わらないことを、忘れてはならない。

|

北がまた弾道ミサイル発射。

発射されたのは、ノドンミサイルではないかという情報も。米国がイラン情勢に傾注してる間隙をついたのだろうか?

|

F35A戦闘機の部品の一部を発見、回収。搭乗員は依然不明。

 昨日、7日の記者会見で、岩谷防衛大臣は墜落したとみられる航空自衛隊三沢基地所属のF35A戦闘機の機体の一部であるフライト・データ・レコーダー(FDR)及びコクピット後方のフードの一部を回収したと発表した。

 JAMSTECの「かいめい」のデータをもとに、米軍チャーターの「ファン・ゴッホ」が引き揚げたという。FDRには肝心のメモリーがなかった模様。また、パイロットも依然不明のままです。

詳しくはこちら→https://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2019/05/07a.html

 

 さて、今朝は5月としてはかなりの寒さですが、NYからさらに寒いニュース!NY株が続落し、一時600ドル安(!)になったという。ドナルド・トランプ米国大統領の 対支関税25%発言 の影響らしいです。このままでは、リーマンショック級の大問題となるかもしれませんね。日本の消費税引き上げが中止になると、いいのですが。

|

令和の仕事始めは株安で。

 例のドナルド・トランプ米国大統領の対支関税25%発言の影響が日本にも。日経平均335円安!令和のご祝儀相場も、どっかに吹っ飛んでしまった模様。その分、明日は反発するだろうか?

|

北朝鮮が日本海に向け何か発射した模様。

まだそんな元気があったのか。もっと制裁を強化して欲しいらしいな。

 

Photo_25

|

反論動画はパクリ。もっとまじめにやれ。

今年は極東の軍事バランスが激変する、ターニングポイントとなる年かもしれない。

|

これは韓国からの三下り半。

最高裁の判例を変更できるのは、最高裁だけ。


 万に一つの可能性として、韓国大法院(最高裁に相当)が三菱への判決で先の判決とは異なる判決(賠償を否認)を出し、その判決を受けて韓国政府が「先の賠償命令は、政治的決断で政府が肩代わりする。今後は同種の訴えは韓国政府に対し賠償を請求するように」と声明を出して幕引きを図ることを期待していたのですが。やはり無理でした。

 大法院の人事に韓国政府の息がかかっている以上、この判決は韓国政府の意思と見ていいでしょう。今の韓国に司法の独立は無い。同じ判決が繰り返されたことで、韓国政府に撤回の意思はないことがはっきりしました。もうこれまでですね、日韓関係。
 さて、日本にとって対韓国貿易は、もともと大したウェイトを占めていません。一方、韓国にとっての対日貿易も、10年前に比べればだいぶウェイトが下がっているそうです(その分、チャイナに依存)。つまり、今が韓国にとっても日本にとっても離婚の好機というわけです。ここらで円満離婚して、お互い別々の道を歩みましょう!

|

韓国船が領海侵犯。ウクライナでは戒厳令。

 島根県竹島近海の我国領海に韓国海洋調査船が侵入。政府は韓国に抗議。つい先だっても、韓国国会議員集団が、竹島に不法に上陸したばかり。
 一方、ウクライナの小型砲艦2隻とタグボートがロシアに拿捕された件で、ウクライナはロシア国境に近い同国東部に戒厳令を敷いたという。国際情勢波高し。

|

北朝鮮の「瀬取り」に対抗する世界各国の動き。

Photo
(※英海軍フリゲート「アーガイル」 HMS Argyll F231。23型フリゲートの一隻)

 北の違法な「瀬取り」に対して、各国が協力して監視体制を敷いている。沖縄の嘉手納基地を舞台に、各国の哨戒機が展開して共同で監視を実施したほか、英海軍を始めカナダ、オーストラリア、ニュージーランドの艦艇も海上での監視に参加。

詳しくはこちら→http://www.mod.go.jp/j/press/news/2018/11/06b.html

https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_006681.html


Photo_2
(※カナダ海軍フリゲート「カルガリー 」HMCS calgary FFH335。ハリファックス級フリゲート6番艦。画像はいずれも、防衛省自衛隊のプレスリリースより転載させていただきました)


|

より以前の記事一覧