経済・政治・国際

いきなり500円超下げ!

 NYダウ623ドル下げ(!)を受けて始まった日本市場、開始後数分で537円爆下げ!その後、多少戻すも現在460円前後の下げで推移。円相場は105円台で円高。週明け早々厳しいね!

|

下げては上がり、また下がる…ありゃ、一時マイナス?!

 株は上がったり下がったりするもの。

 昨日のNYダウは反発して、前日比240ドル以上の上げ。それを受けて、日本市場もプラスで開始。112円上げたものの、その後は下げ。一時マイナス10円をつけるがやや持ち直し、20,647円87銭(△29.30)と小反発で午前の取引を終えた。

 どうもさえない動きだが、午後どこまで伸びるか(あるいは下げちゃうか)注目。

 

(午後は高校野球の決勝戦。履正社と星稜、どちらもガンバレ!!)

|

上がると下がる

 NYダウが、3日続きの株価上昇から一転、4日ぶりの反落となったのを受けて、日本市場も反落。開始直後に190円近い下げを記録した。別にアメリカに付き合わなくてもいいのに。その後、やや下げ渋り午前の終値は20,596円92銭(▲80.30)。欧州ではイタリア連立政権が崩壊。政治不安が広がる一方、ドナルド・トランプ米国大統領は減税を示唆。安倍総理、ここはぜひ消費増税凍結をご決断ください。

|

三日続けて

株続伸。日経平均の終値は、20,677円22銭(△114.06)。このまま、今週は上昇基調で行ってくれるといいのですが。

|

お盆休み明け株価続伸

 NYダウ先週終値がプラス306ドルと上げたのを受けて始まった今日の日本市場。開始直後から170円の上げで一時200円以上上げたがその後は上げ幅が伸びず。83円ぐらいまで上げ幅が狭まる場面も。結局、日経平均の終値は20,563円16銭(△144.35)。お盆休み明けで、市場に投資家が戻ってきた割には、全体に薄商いのまま。デモが激化する香港情勢が、第二の天安門事件となることを懸念するドナルド・トランプ米国大統領の対支発言など、不安材料が商いをにぶいものにしているのか。

|

株価小反発

 NYダウが14日の800ドル下げから一転して反発した(△99ドル97セント)のを受け始まった日本市場だが、下げで始まる展開。一時100円近く下げるも、午前の取引終了近くになってプラスに転じた。しかし、最大でも22円程度のプラスで、20,424円33銭(△18.68)で午前の取引を終えた。さえない動きだが、後場もプラスで行くかどうか。

|

うわっ、全面安!銘柄96%下げだと!!

 NYダウ今年最大の800ドル下げを受けて始まった日本市場。案の定というか、300円以上下げて始まり、そのまま400円以上まで下げ幅を広げ、20,200円を割り込みそう。円がドルを始め他の主要外貨に対しても全面円高状態。もし、2万円台を割り込むようだと、まずいな。

|

リセッションの兆候?NYダウ800ドル下げ、全面安!!

 NYダウが800ドル下げ。今年一番の下落である!一時長短金利が12年ぶりに逆転し、これをリセッション(景気後退)のシグナルと見て株価が急降下した。他の海外市場も低迷しており、国際的な景気後退の懸念が出ている。

 これから開く日本市場への影響は?台風以上に大荒れになるか。

|

今日は株価は反発したようで。

 昨日の株安から一転、開始早々からプラスに転じ、一時は150円ぐらい上がったものの、その後下げて50円高ぐらいで前場終了。後場は一時マイナスに落ち込む場面もあったが持ち直し、30.80プラスで終了。上がったり下がったりだね。

|

日経平均終値が212円安か

先週末はプラスで終わった上に、今朝の段階でNYダウもCMEもプラスだったのを受けて始まったのに、日本市場はのっけからマイナスだもんね。株は難しい。

|

より以前の記事一覧