経済・政治・国際

IMFは、アホの塊や!

 消費税は、2030年までに15%、2050年には20%まで引き上げろだとよ…あきれ果てたバカだ。

 IMF専務理事のゲオルギエバ(Kristalina Georgieva)、何考えてんだ、このおばはん?!

|

株価22,800円まであと一歩。

 前日のNYダウの終値は、26,805.53(▲28.42)と反落。インテルが市場予測を上回る業績でハイテク株に買いが入る一方で、値がさ株が売られるなど全体ではマイナス。そのアメリカでは、ペンス副大統領が混乱続く香港情勢や沖縄県・尖閣諸島へのシナの圧力に言及し、シナ共産党を厳しく批判する演説を行ったらしい。

 さて、今日の日本市場だが、寄付きからわずかにプラス。そこからじりじり上げ幅を広げ、約1時間かけて22,819円92銭(今日の最高値)まで上げたものの、そこから下落。週末で利益確定の売り注文が入ったか、段階的に値を下げ、最高値から100円近く安い22,715円13銭(前日比▲35.47)まで下がる展開。その後やや値を戻すも、午前の終値は22,747円08銭(▲3.52)でマイナスのまま。後場は幾分値を上げて、760円台でのもみ合い。小動きのままだったが、大引けが近い14:30過ぎから急に値が上がり始め22,800円近くまで。週明けの市場を睨んで、ポジション取りの買いが入ったか?結局終値は22,799円81銭(△49.21)で、5日連続で続伸、またまた年初来高値を更新した。

 日本経済、決して良好ではないのだが、株式市場は底堅いです。今のところ…

 

 

Groovy

(文中の内容とは関係ない画像。何にもないと、さみしいので。)

|

最新のスマホは、三つ目なのか?!

Photo_20190926150901

(こんなんだったら、購入するけど…)

 

 前日のNYダウは、162ドルも上げて前々日の反落分を取り戻す反発振り。その後を受けて始まった日本市場は、いきなり140円以上上げて始まる好スタート。しかし、次第にじわじわと上げ幅が縮小。午前の終値は22,069円28銭(△49.13)と、100円も上げ幅がせまくなった。

 後場も何だかさえない動き。権利付最終日で買いが一巡した後、売りが増えたのか終了近くになって株価がかなり急に降下し、一時前日より▲33.91まで下がる場面もあり。このまま続落で終わるかと思われましたが、大引けの一瞬でプラスに転じ、終値は22,048円24銭(△28.09)で、かろうじて反発となった。

 

|

台風・大雨被害と、セーフティーネット保証4号(突発的災害・自然災害)

 台風15号による被害、いまだ千葉県内では停電戸数6万件以上、完全復旧の見通しが今月27日など、厳しい状態が続いています。

 台風や大雨など、自然災害で事業に支障をきたした中小企業・小規模事業者への救済策として、セーフティーネット保証4号というものがあります。「自然災害等の突発的事由(噴火、地震、台風等)により経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため、信用保証協会が通常の保証限度額とは別枠で保証(100%保証)を行う制度」です。

①対象資金:経営安定資金
②保証割合:100%保証
③保証限度額:無担保8,000万円、普通2億円(別枠) 
④保証人:原則第三者保証人は不要

セーフティーネット保証4号の概要https://www.meti.go.jp/press/2019/08/20190828016/20190828016-3.pdf

 今回の台風15号被害のほか、令和元年8月の前線に伴う大雨による災害に関しても、被災した中小企業・小規模事業者への対策として、セーフティーネット保証4号の適用があるようです。詳しくは経産省のサイトまで。

令和元年8月の前線に伴う大雨による災害に関して被災中小企業・小規模事業者対策を行いますhttps://www.meti.go.jp/press/2019/08/20190828016/20190828016.html

令和元年台風第15号による災害に関して被災中小企業・小規模事業者対策を行います
https://www.meti.go.jp/press/2019/09/20190913004/20190913004.html

190907_8

※画像は8月大雨で流出油の除去作業を行う陸上自衛隊隊員。画像出典、統合幕僚監部公式サイトhttps://www.mod.go.jp/js/Activity/Disaster_relief/0108kyusyu.htm

|

なぜか、キャンプがブームなんだとか。

今日の日経平均の終値は、20,625円16銭(△4.97)。かろうじて、プラスでした。

 さて、世はキャンプブームだそうで、スノーピークLOGOSといったアウトドアメーカが『カンブリア宮殿』などの経済番組で取り上げられたり、スキーメーカーだったアルペンが、アウトドアの大型店をオープンしたりしている。かつてのアウトドアブームを体験した世代がまた戻って来たり、当時子供だった世代が大人になってアウトドアにはまっているらしい。

 私も20年ぐらい前は、テント担いで山岳地帯を縦走し、キャンプ地でキャンプ飯作ったり、都会では絶対拝めない凄まじい星空に驚嘆したものです。また行きたい気もしますが、体力的につらいな。(とほほ)

 

Photo_20190903222901

|

株価反発、20,500円台回復。

 前日のNYダウが270ドル近く反発した流れで、日本株も開始直後から200円以上反発。午前の終値は20,509円33銭で、248円29銭高。20,500円台を回復した。しかし、最高値でも268円高ぐらいでまだ弱い。後場で先週末終値の20,700円台まで回復できるかどうか。

 ここしばらく、米支貿易問題でトランプ大統領の発言に振り回される感あり。次に何を言いだすのやら?

|

いきなり500円超下げ!

 NYダウ623ドル下げ(!)を受けて始まった日本市場、開始後数分で537円爆下げ!その後、多少戻すも現在460円前後の下げで推移。円相場は105円台で円高。週明け早々厳しいね!

|

下げては上がり、また下がる…ありゃ、一時マイナス?!

 株は上がったり下がったりするもの。

 昨日のNYダウは反発して、前日比240ドル以上の上げ。それを受けて、日本市場もプラスで開始。112円上げたものの、その後は下げ。一時マイナス10円をつけるがやや持ち直し、20,647円87銭(△29.30)と小反発で午前の取引を終えた。

 どうもさえない動きだが、午後どこまで伸びるか(あるいは下げちゃうか)注目。

 

(午後は高校野球の決勝戦。履正社と星稜、どちらもガンバレ!!)

|

上がると下がる

 NYダウが、3日続きの株価上昇から一転、4日ぶりの反落となったのを受けて、日本市場も反落。開始直後に190円近い下げを記録した。別にアメリカに付き合わなくてもいいのに。その後、やや下げ渋り午前の終値は20,596円92銭(▲80.30)。欧州ではイタリア連立政権が崩壊。政治不安が広がる一方、ドナルド・トランプ米国大統領は減税を示唆。安倍総理、ここはぜひ消費増税凍結をご決断ください。

|

三日続けて

株続伸。日経平均の終値は、20,677円22銭(△114.06)。このまま、今週は上昇基調で行ってくれるといいのですが。

|

より以前の記事一覧