経済・政治・国際

米国で金利上昇に警戒感→NYダウ他大幅ダウン→日経平均1202円安!

 25日のNYダウは31,402㌦01㌣(▲559.85)で大きく反落。マイナス1.75%。ナスダックは13,119.43ポイント(▲478.53)で、マイナス3.52%と更に大きく反落。S&P500も3,829.34(▲)96.09)で反落。米国内ではここのところ金利の上昇に対する警戒感が強まっており、昨年末に0.9%だった10年モノの米国債の金利がここ2週間ほど1.6%になるなど企業業績への影響が懸念されていた。それがどうも、株価の低迷につながった模様。

 米国市場のブレーキぶりが伝染したか、日本市場は寄付きから29,753円73銭(▲414.54)と一気に急降下!あっさり30,000円台割ってスタート。その後も多少買い戻しが入っても、すぐ売りが優勢になる展開で、ズルズル株価は後退。大引け後の終値は、安値引けで28,966円01銭(▲1,202.26)。なんと1,202円安!(マイナス3.99%!!)株価が終値で28,000円台となるのは、2月5日以来。ここのところ、月末に大きく下げる傾向が見られたが(1月末は▲534.03)、1,202円も下げるとは驚きだ。来週はもう3月。月が変われば、ツキも変わると信じよう。

 昨日上場した、アピリッツ(JQ 4174)は今日の後場に入ってようやく初値5,600円がついた。終値は6,600円でストップ高。

 新規上場が2件。医薬品の原薬生産や健康食品を手掛ける、室町ケミカル(東証JQ 4885)は前引け寸前に初値1,424円をつけた。終値は1,462円。もう一件、女性向けスマホゲーム「スタンドマイヒーローズ」の企画・開発・運営を手掛ける、coly(コリー 4174)がマザーズに上場。後場に入って初値8,450円をつけ、一時は9,890円まで値を上げた。しかし、終値は初値を下回って8,140円だった。

 

閑話休題

Photo_20210226204601

 二・二六事件から、早85年。

 昭和十一年二月二六日から二九日にかけて、不逞軍人どもが企て失敗した軍事クーデター。昭和帝が股肱の臣とたのむ重臣4名(髙橋是清・松尾伝蔵・齊藤実・渡辺錠太郎)を殺害、警官5名を殉職させ、後に敗戦時の首相となる鈴木貫太郎に重傷(他、警官1名重症)を負わせ、朝野を震撼させた。何たる愚行!その罪万死に値する。当然のことながら、首謀者らは反乱罪で銃殺となった。

|

急転

 24日のNYダウは大きく続伸。31,961㌦86㌣(△424.51)で最高値を更新。取引中、32,000㌦を越えて、32,009㌦64㌣(△472.29)を記録する好調ぶり。ここ暫く元気がなかったナスダックも、反発して13,597.96ポイント(△132.76)。S&P500は3,925.43(△44.06)だった。3指標そろってプラスは、久しぶり。ワクチン接種が進んで、経済活動再開への期待が株価を押し上げたか。

 昨日は484円も下げて30,000円を割り込んだ日本市場だったが、米国市場の好調を受けて、寄付き30,077円27銭(△405.57)であっさり30,000円台回復。一時は30,213円と541円も上げ幅を広げる場面も。大引け後の終値は30,168円27銭(△496.57)で、昨日下げた分をきっちり取り返した。

 新規上場が1件。オンラインゲームの企画・開発とwebソリューションの、アピリッツ(東証JQ 4174)が東証ジャスダックに上場された。公開価格1180円に対し、買気配のまま売買成立せず。特別買気配2714円のまま、上場初日を終えた。

Groovy_20210225212601

|

陥落

 昨日、23日は天皇誕生日で日本市場は休みだったが、米国市場は通常通り。

 まず、22日のNYダウは31,521㌦69㌣(△27.37)、ナスダックは13,533.04ポイント(▲341.41)、S&P500は3,896.50(▲30.21)。

 23日のNYダウは31,537㌦35㌣(△15.66)、ナスダックは13,465.19ポイント(▲67.85)、S&P500は3,881.37(△4.87)だった。まちまちの展開だが、ナスダックの続落ぶりが目立つ。

 一方、休日明けの今日の日本市場は、寄付きから30,020円11銭(▲135.92)で反落スタート。一時30,089円まで戻したが、そこからズルズルと下げに転じ、30,000円を割った。結局下げ止まらないまま、大引け後の終値は29,671円70銭(▲484.33)で今日の最安値。典型的な「安値引き」だった。2月12日以来の、29,000円台へ逆戻り。これまで維持してきた30,000円台から陥落した。今までが過熱気味で、巻き戻しがかかったか?

 

 

Photo_20210224205401

|

2月22日は「竹島の日」。

 朝鮮動乱のどさくさに紛れて韓国に奪われた竹島。これを如何に奪還するか、全国民が知恵を絞る必要がある。覚悟も、問われている。

Photo_20210222184201

閑話休題

 先週末19日のNYダウは31,494㌦32㌣(△0.98)でほぼ横ばい。ナスダックは13,874.46ポイント(△9.10)で4日ぶりに反発。S&P500は3,906.71(▲7.26)で4日続落であった。

 週明けの今日の日本市場は、寄付き30,281円78銭(△263.86)で反発スタート。一時は30,458円13銭(△440.21)と上げ幅も440円まで広がった。しかし、その後利益確定の売りが入って上げ幅は縮小。大引け後の終値は30,156円03銭(△138.11)だった。

 先週末新規上場したものの、上場初日は値がつかなかった、WACUL(東証マザーズ4173)は、今日後場に入ってようやく初値4,645円がついた。終値は4,495円だった。

Photo_20210222184001

猫の日よりも、竹島の日が重要ですよ。

|

悲報。航空自衛官(20代、2等空尉)が、米国で訓練中事故死。

 航空幕僚監部によると、2月20日8時ごろ(日本時間)、アメリカ合衆国アラバマ州モンゴメリー空港までの距離3kmの地点において、米国出張中の航空自衛官及び米空軍の教官操縦士が搭乗する、T-38練習機(コロンバス空軍基地所属)が、空港進入中に墜落。2名の死亡が確認されたという。詳細は不明。

 あたら、若い命が・・・残念です。

https://www.mod.go.jp/asdf/news/houdou/R2/20210220.pdf

38

|

30,000円の攻防

 18日の米国市場は、3指標ともマイナス。NYダウは31,493㌦34㌣(▲119.68)で4日ぶりの反落。ナスダックは13,865.35ポイント(▲100.13)で3日続落。S&P500も3,913.97(▲17.36)で三日続落。これまで最高値更新を続けていたNYダウも、マイナスに。

 米国市場の下落ぶりを見て、日本市場も寄り付き29,970円59銭(▲265.50)と大きく下落。30,000円を割り込んだ。その後は30,000円前後でもみ合い。29,847円まで下がる場面も。それでも大引けに向けて持ち直し。終値は30,017円92銭(▲218.17)で、かろうじて30,000円台をキープした。

 新規上場が1件あり。企業のデジタルマーケティングをサポートする、WACUL(ワカル 東証マザーズ4173)。しかし、今日は売買成立せず。買気配のまま、2,415円(特)で上場初日を終えた。

 今週は、月曜に30,000円台を実に30年半ぶりに回復。火曜には取引中に30,714円を記録するなど、このまま31,000円まで一気に行くかと思われたが、さすがに利食いの売りが入って足踏み。さて、来週はどうなるか?

 

Photo_20210219222801

こ、こわい・・・

|

フランス海軍フリゲート「プレリアル」、北朝鮮の瀬取り監視に参加。

 防衛省によれば、国連安保理決議により禁じられた「瀬取り」を含む朝鮮民主主義人民共和国(と自称する独裁国家。民主主義のかけらもない)の違法な海上行動を監視するため、フランス海軍フリゲート「プレリアル」が2月から3月上旬まで警戒監視行動に当たるそうです。

Photo_20210218212101

 フランス海軍フリゲート「プレリアル」(Prairial F731)。画像の出典は、防衛省自衛隊の公式サイトこちら)。フロレアル級フリゲート2番艦。基準排水量2,600㌧、全長95.5m。100㎜単装砲×1、20㎜単装機銃×2、MM40「エグゾセ」艦対艦ミサイルランチャー×2、533㎜5連装魚雷発射管×2、ヘリ1機搭載。1992年(平成4年)就役。艦暦30年近いベテランで、過去数回来日している。航海の安全、任務の完遂、武運長久を祈ります。

 

閑話休題

 17日のNYダウは31,613㌦02㌣(△90.27)で最高値をまた更新!31,600㌦台に突入。一方、ナスダックは13,965.49ポイント(▲82.00)で続落。S&P500も3,931.33(▲1.26)で続落。ダウ平均は上昇中だが、他は下降気味。まちまちだ。

 日本市場は寄付き30,311円98銭(△19.79)で反発スタート。一時30,560円49銭(△268.30)まで上げ幅を広げたが、その後利益確定の売りが入ったか徐々に株価は下落。大引け後の終値は30,236円09銭(▲56.10)で続落だった。

 新規上場が1件。化粧品・サプリメント製造販売の、アクシージア(東証マザーズ4963)。買気配のまま直ぐに値がつかなかったが、10時過ぎてから初値2051円がついた。高値2440円、終値は2300円で上場初日の取引を終えた。

|

一歩後退。

 三連休明け、16日のNYダウは31,522㌦75㌣(△64.35)で31,500㌦突破。一方、ナスダックは14,047.49ポイント(▲47.97)で反落。S&P500も3,932.59(▲2.244)だった。

 ここのところ、やや過熱気味の日本市場だが、今日は寄付き30,366円82銭(▲100.93)で三日ぶりの反落。一時30,191円01銭(▲276.74)と276円も下げたが、30,000円台は維持。大引け後の終値は30,292円19銭(▲175.56)。一息ついたというところか。

Photo_20210217203601

|

President's Day

 15日の米国市場は、プレジデンツ・デイ(President's Day)で休場。もともとは、初代大統領ジョージ・ワシントン(George Washington 1732.2.22~1799.12.14)の誕生日2月22日を祝う祝日 Washington's Birthday だったものが、2月の第3月曜日に変更になったのだとか。

Photo_20210216205101

 米国市場は休みだったが、欧州市場の15日の取引は軒並み好調で、ドイツDAXの終値が最高値を更新。日本市場が30年ぶりに30,000円台を回復したことが、刺激になった模様。

 で、今日の日本市場は昨日の好調を維持。一時30,714円を記録。大引け後の終値は30,467円75銭(△383.60)だった。

|

日経平均がついに30,000円台回復!

 先週末12日のNYダウは、31,458㌦40㌣(△27.70)で反発。最高値を更新。ナスダックは14,095.47ポイント(△69.70)でこちらも最高値を更新。S&P500は3,934.83(△18.45)でこちらも最高値を更新した。武漢肺炎対策の追加経済政策の早期実施への期待が後押しか。

 一方、週明け日本市場は寄付きから29,662円41銭(△142.34)で反発スタート。その後順調に上げ幅を広げ、9時20分過ぎに30,006円を記録。取引中に株価が30,000円台となるのは、1,990年8月3日以来。その後は利益確定の売りが入って29,900円前後でもみ合いに。しかし、大引けに向けて上昇に向かい、終値は30,084円15銭(△564.08)だった。米国市場の好調ぶりと、10~12月期のGDP速報値が思いのほか良かったこと、12月決算企業の今期見通しが良かったことが、週明け早々の30,000円台回復につながった模様。

Photo_20210215181101

『鬼滅の刃 遊郭篇』の2021年アニメ化、放送決定!

詳細https://www.aniplex.co.jp/news/index.html#n56479

ANIPLEXの親会社のソニー(東証6758)の株価は、11,970円(△125)+1.05%だった。

|

より以前の記事一覧