歴史・史実

地下鉄サリン事件から22年。

 地下鉄サリン事件(平成7年3月20日)から22年経過した。
 あれから、国内では大規模なテロは発生していないが、日本はあの頃よりテロに対して安全になっただろうか?

|

「チベット蜂起記念日」(1959年のチベット蜂起)

 日本人にとって、3月10日は日露戦争(明治37・38年戦役)における奉天会戦勝利の日(明治三十八年三月十日)であり、昭和二十年までは「陸軍記念日」であった。(海軍記念日は五月二十七日。日本海海戦勝利の日)その最後の陸軍記念日に、東京大空襲(下町大空襲)が行われ、死者行方不明8~10万人、被災者100万人の大惨事となった。

 一方、国際的には「チベット蜂起記念日」である。1959年(昭和34年)に発生した、自由を求めるチベット人の、悪魔の中共支配に対する蜂起を記念したものである。

 さて、今日は韓国にとっての「審判の日」である。間もなく、朴大統領に対する弾劾に関する宣告が下される。弾劾を是とするか否とするか、どちらに転んでも混乱は避けられそうにない。

|

マレーシア航空370便失踪から、早3年。

 平成26年3月8日に消息を絶った、マレーシア航空370便。墜落と判断されているものの、どこへ墜ちたのかも原因も不明のまま、3年が過ぎた。ミステリー。

|

2月26日といえば、「ゴダイの虐殺」。(1966年2月26日)

 日本で2・26といえば、昭和十一年二月二十六日の「2・26事件」だが、世界的に有名なのは「ゴダイの虐殺」。ベトナム戦争中、韓国軍がゴダイ村の民間人380人を虐殺した。
 韓国軍は同時期、タイヴィン村の15の集落で、1200人を虐殺している(「タイヴィン虐殺」)。丸腰の民間人が相手なら、無敵の軍隊だ。

「ゴダイの虐殺」の詳細はこちら
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%80%E3%82%A4%E3%81%AE%E8%99%90%E6%AE%BA

|

今日は何の日?「ハミの虐殺」(1968年2月25日)

 1968年(昭和43年)の今日、韓国海兵隊によって南ベトナム(当時)のハミ村の民間人(非武装)が135人虐殺された。悪魔の所業としか言いようがない。

詳細はこちら→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%9F%E3%81%AE%E8%99%90%E6%AE%BA

|

明日は「竹島の日」

 明日2月22日は「2(にゃん)2(にゃん)2(にゃん)」で「猫の日」(昭和62年制定)。また、「行政書士記念日」(昭和26年に行政書士法が制定されたことを記念)である。

 しかし、もっと重要なのは「竹島の日」である!

 今を遡ること112年前、明治三十八年の一月二十八日に竹島を島根県に編入する閣議決定がなされ、それをうけて島根県知事名で告示がなされたのが同年二月二十二日。それを記念して、平成17年に島根県によって条例で定められた。
 その日には島根県主催で「竹島の日記念式典、竹島・北方領土返還運動県民大会」が開かれるのが恒例。今年も、島根県立武道館にて、13:30より開催予定。(詳しくは、こちら
 式典には、去年は政府から内閣府大臣政務官が出席したほか、国会議員も12名出席している。今年はどうなるかまだ分からないが、例の大使館・領事館前の偽りの偶像問題で日韓関係が揺れる中、政府から誰が出席するか注目だ。
 国会期間中であることや、北朝鮮のミサイル金正男暗殺(というより公開処刑)など朝鮮半島情勢が不穏な状況で、安倍総理や菅官房長官が東京を離れるのは難しいだろう。今年も政務官を出席させるだけで終わりそうだが、もし現職大臣が出席するとなると、状況は変わるかもしれない。特に、通貨スワップの当事者である麻生副総理兼財務大臣が、総理の名代で出席して祝辞でも述べたら、いよいよ政府は韓国を「損切」する覚悟を固めたと見ていいだろう。

Photo
(※上記画像は「竹島」:出典 外務省ホームページ http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/


|

72年前の今日、東京都で激しい地上戦が始まる。(昭和二十年二月十九日)

 昭和二十年二月十九日、東京都小笠原の硫黄島に、米軍が上陸を開始した。同島を守備する栗林中将指揮下の第109師団は、粘り強い持久戦で米軍に多大の犠牲を強いたものの、三月二十六日の最後の攻撃で組織的抵抗を終えた。(なお、少数の兵が洞窟陣地でなお抵抗を続け、最後の投降者は実に昭和二十四年であったという。)
 硫黄島の戦い沖縄戦、そして占守島の戦い。日本領土における三大地上戦である。沖縄だけが、地上戦の舞台だったわけではない。

|

今日は何の日?「太平洋戦争勃発」(西暦1879年2月14日)

 今から138年前の今日、西暦1879年(明治十二年)に「太平洋戦争」勃発。南米のボリビア共和国ペルー共和国チリ共和国が交戦。硝石の利権を巡る戦いだったことから「硝石戦争」ともいわれる。自国の硝石企業保護を名目に、チリ軍(兵力5000)が当時ボリビア領だったアントファガスタ(現:チリ領アントファガスタ州)を占領したのが発端である(正式な宣戦布告は、同年4月5日)。
 戦況は、英国の支援を受けて優勢な海軍力を有するチリ軍が優勢で、首都リマを攻められたペルーは1883年(明治十六年)に降伏。ボリビアも翌年(1884年=明治十七年)に休戦した(正式な講和は、1904年=明治三十七年・日露戦争勃発の年)。
 戦争の結果、ペルーとボリビアは領土の一部をチリに割譲し、現在のチリの細長い領土がほぼ確定した。ボリビアは海への出口を失い、内陸国になったものの、その後も海軍を保持し続け、ティティカカ湖や河川の警備を任務としている。

(※蛇足だが、昭和十六年十二月八日に勃発した、当時の大日本帝国と聯合国との戦争は、「大東亜戦争」である。)

|

神武天皇即位から2677年。

 今日は建国記念の日。かつては紀元節と呼ばれた日である。
 日本書紀の記載から推定して、グレゴリウス暦で紀元前660年2月11日が神武天皇即位の日とされたことに由来する。
 

|

今日は「海の安全祈念日」

 平成13年2月10日に発生した、「えひめ丸事故」を追悼するために、全国水産高校長協会によって平成15年に制定された。
 事故はハワイオアフ島沖で、愛媛県立宇和島水産高等学校HP)の漁業練習船「えひめ丸」(499トン)に、浮上してきた米国海軍攻撃型原子力潜水艦「グリーンビル」(USS Greeneville,SSN-772 ロス級61番艦)に衝突され沈没。教員5名と生徒4名の計9名が死亡した。
 なお、宇和島水産高校では、「えひめ丸事故追想の日」の式典が行われる。

|