海事・海保・海自

護衛艦「くまの」の命名・進水式の画像(海上自衛隊オフィシャルサイトより)

1ffm2

2ffm2

Ffm2

3ffm2

(画像出典・全て、海上自衛隊オフィシャルサイトより)

 先日、無事命名式・進水式を終えた、護衛艦「くまの」(FFM2)の画像が、海上自衛隊オフィシャルサイトにアップされていたので、転載させていただきました。

 最近流行のステルシーな船体に、従来の汎用護衛艦(DD)の装備がコンパクトにまとめて搭載されるようです。

詳しくはこちらhttps://www.mod.go.jp/msdf/operation/meimei/r02/

Ffm2_20201121220501

|

瀬戸内海の沈没事故、犠牲者が出なくて本当に良かった。

 昨日、19日の午後4時40分ごろ、香川県坂出市与島付近の瀬戸内海で発生した、海上タクシー(19トン)の沈没事故。修学旅行中の小学生52名と、引率の教師、ガイド、乗員5名の計62名が乗船していたが、全員無事救助。うち3名が低体温症と見られ救急搬送されたが、命に別条はなかったという。付近の漁船等が迅速に救助にあたったことと、子供たちが落ち着いて行動したことが幸いした模様。救助に当たられた皆様、ありがとうございました。

 19日の米国市場は3指標ともに反発。NYダウは29,483㌦23㌣(△44.81)、ナスダックは11,904.71ポイント(△103.11)、S&P500は3,581.87(△14.08)だった。

 一方、米国市場とは対照的に、日本市場は続落。一時は下げ幅が200円を超えた。大引け後の終値は、25,527円37銭(▲106.97)だった。先週末に比べて、トータルでは141円の株高。火曜日には29年五か月ぶりに26,014円62銭と26,000円台に乗せたものの、後が続かなかった。

Photo_20201120225401

おもしろかっこいいぜ!

|

いよいよ明日!平成30年度計画護衛艦(30FFM)の命名式・進水式

 明日、令和2年11月19日(木)12:45~13:02、三井E&S造船・玉野艦船工場(岡山県玉野市 こちら)において、平成30年度計画護衛艦(3,900㌧型護衛艦 FFM-2)の命名式・進水式が挙行される。
 30FFMは、対機雷戦能力を有するフリゲートという、従来にない艦。実は、1番艦(FFM-1)は三菱重工長崎造船所で建造中なのですが、作業が遅延しており、2番艦が先に命名式・進水式を迎えることになりました。艦名がどうなるか、注目です。

※平成30年度計画護衛艦の命名式・進水式について

https://www.mod.go.jp/msdf/release/202011/20201110-3.pdf

 17日のNYダウは、29,783㌦35㌣(▲167.09)、ナスダックは11,899.34ポイント(▲24.78)、S&P500は3,609.53(▲17.28)で、3つとも反落だった。

 日本市場もマイナスで、25,728円14銭(▲286.48)。26,000円台を、1日で割り込んでしまいました。

30

 

 

|

日本海は、日本海。株価は26,000円。

誰が何と言おうとも、日本海は日本海。

Japan-sea

日本海の範囲 https://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN9/mame/mamechi.htm

 国際水路機関(International Hydrographic Organization IHO)は17日の総会で、日本海は日本海(Japan Sea)と単独表記する指針の継続を、「暫定承認」したという。当然の話だが、「暫定」と言うのが引っかかる。正式な決定事項にしてくれ。

 16日の米国市場は、3指標とも続伸。NYダウは29,950㌦44㌣(△470.63)で史上最高値を更新!30,000㌦の大台まであと一歩。ナスダックは11,924.12ポイント(△94.84)。S&P500は3,626.91(△41.76)で3,600台に乗せ最高値更新!

 バイオ医薬メーカーのモデルナが治験中のワクチンが、臨床試験で94.5%の有効性を示し、FDA(食品医薬品局)に緊急使用許可を申請するというニュースが、市場に好感され大きく株価を押し上げた。ワクチンが出そろえば、経済活動の制限も撤廃されるだろうという期待から。

 米国市場の好調を受けて、今日の日本市場は寄付きから26,043円45銭(△136.52)で続伸し、ついに26,000円台に!しかし、急上昇を警戒したか、積極的な買いが続かず上げ幅は次第に縮小。一時はマイナスに転じて25,851円54銭(▲55.39)まで下げた。しかし、前引け寸前から後場にかけて上昇に転じ、大引け後の終値は26,014円62銭(△107.69)。寄付きよりは下げたものの、終値で26,000円台に乗せた。29年ぶりである。

Photo_20201117204501

|

明日は『鬼滅の刃』無限列車編の封切か。

Ss513

Ss5132

Ss5133

 先日、命名・進水式を終えた海上自衛隊の新鋭潜水艦「たいげい」(SS-513)の画像が、海上自衛隊から発表されていました。画像出典は、海上自衛隊オフィシャルサイト

 14日の米国市場は、3指標とも続落。ムニューシン財務長官からチャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)関連の追加対策が大統領選後までまとまりそうにないという悲観的な見解が出されたり、Johnson&Johnsonに続き、イーライリリーもチャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)の治療薬の治験を一時中止する旨報告があり、投資家心理に冷や水を浴びせたようで、朝方はやや反発して始まったのに買い支えができず、NYダウは28,514㌦00㌣(▲165.81)。ナスダックは11,768.72ポイント(▲95.16)。S&P500は3,488.67(▲23.26)だった。

 米国市場の続落を受けて始まった日本市場も、寄付きから元気なし。23,548円45銭(▲78.28)から始まって徐々に下げ幅は広がり3桁に。後場始まった直後に今日の最安値の23,458円43銭(▲119.50)を記録。その後はさすがに買い戻しが入ったようで23,500円台を回復。大引け後の終値は、23,507円23銭(▲119.50)。業種別指標でも33業種中「鉄鋼」「空運」「保険」以外は全てマイナスだった。

 

 大人気の『鬼滅の刃』。その劇場第1作である『無限列車編』が明日封切である。何か、初日の予約獲るのもかなり大変だった模様。配給元の東宝(東証9602)は、今年はチャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)による非常事態宣言からの自粛騒ぎで赤字のようだが、この人気作でどこまで興行を伸ばせるか?株価の方も、「全力集中」で上がるといいな。

劇場版公式サイトhttps://kimetsu.com/anime/

Photo_20201015220101

劇場では、マスクを忘れずに!

|

その名は「たいげい」!

Photo_20201014200201

 平成29年度計画潜水艦(513号艦)は、「たいげい」(SS-513)と命名されたそうです。たいげいとは、大きなクジラ、「大鯨」の意だそうです。てっきり、「翔鶴」か「大鳳」に因んだネーミングと思ったのですが、間違えました。まあ、鶴や鳳より鯨の方が、潜水艦らしいですね。

 大鯨は、大日本帝国海軍において潜水母艦(潜水艦を支援する艦)として建造された後、航空母艦に改装され「龍鳳」に生まれ変わった艦。「たいげい」も、なにか大化けに化けるかな?

 13日の米国市場は一転して3指標とも反落!NYダウは28,679㌦81㌣(▲157.71)。ナスダックは11,863.89ポイント(▲12.36)。S&P500は3,511.93(▲22.29)。チャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)に関する追加経済対策でドナルド・トランプ大統領の案をペロシが拒否したと伝えられ、不安が増したことに加え、Johnson & Johnson がワクチンの臨床試験を一時中止すると発表したことが株価を全体的に引き下げた。そんな中、Appleが5G対応の iPhone12 を発表という明るいニュースもあった。ナスダックも一時11,946.98ポイント(△70.73)まで上げたのだが、全体的な株安傾向に勝てなかった。

 日本市場は寄付き23,545円66銭(▲56.12)と反落スタート。米国市場の反落ぶりが嫌気されたと思われが、その後は下げ渋り。後場に入ると一気にプラスに転じ、大引け後の終値は23,626円73銭(△24.95)とわずかに続伸だった。

|

いよいよ明日、平成29年度計画潜水艦(513号艦)の命名・進水式。

3000

 明日、令和2年10月14日、三菱重工・神戸造船所において、平成29年度計画潜水艦の命名・進水式が、岸防衛省臨席の元、挙行される予定だ。

 本艦は、「そうりゅう」型潜水艦の後継となる「3000トン型潜水艦」の1番艦。そうりゅう型と比較して、排水量が若干増えたほかは、大きな差異はない模様。気になる艦名だが、そうりゅう型は瑞祥動物の「龍」に因むネーミングだった。3000トン型には、「鳳」か「鶴」が使われるのではないかと想像する。「たいほう」か「しょうかく」か?どちらでしょうね。明日が楽しみだ。

詳細はこちら https://www.mod.go.jp/msdf/release/202010/20201006.pdf

 12日、週明けの米国市場は好調を維持!NYダウは28,837㌦52㌣(△250.61)で4日続伸。取引中に一時28,957㌦90㌣(△371.00)を記録し、29,000㌦へあと一歩まで迫った。ナスダックは11,876.25ポイント(△296.31)でこちらも4日続伸。取引中に11,965.54と12,000ポイントに迫る勢い。S&P500は3,534.22(△57.09)だった。

 日本市場は、寄付きこそ22,667円90銭(△109.21)と3ケタの上げ幅で反発スタートだったが、その後上げ幅は徐々に縮小。ついにはマイナスに転じ、23,490円95銭(▲67.74)まで下げた。決算前で、利益確定の売りが優勢だった模様。しかし、後場に入ると上昇に転じ昨日の終値を超えた。大引け後の終値は、23,601円78銭(△43.09)とわずかに反発で終わった。

 

訃報 漫画家の まつもと泉先生が、10月6日にお亡くなりになったそうです。享年61歳。謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

 週刊少年ジャンプで「きまぐれ☆オレンジロード」を連載し、一世を風靡。アニメ化もされ、男くさい漫画が主流だったジャンプで美少女路線を切り開き、新たな読者層の獲得にも貢献。しかし、幼少期の事故が原因で脳脊髄液減少症という難しい持病を抱え、さらに心房細動も発症と苦しい闘病生活を送られたそうですが、ついに力尽き帰らぬ人に。残念です。

Photo_20201013215101

|

夏期(7,8月)のマリンレジャー活動に伴う海難発生状況。ここにも、チャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)の影響が・・・

Photo_20200910224901

(左から、うみまる、うーみん、第8管区のハルちゃん)

 海上保安庁が発表した「夏季(7-8月)のマリンレジャー活動に伴う海難発生状況」(速報値)によると、令和2年7月1日から8月31日までの海難状況の内、マリンレジャー活動に伴うプレジャーボート等の船舶事故は、船舶事故件数297隻(昨年より41隻増)。原因は昨年同様「機関故障」が突出して多く、定期点検や発航前検査で防止できた可能性のある事故が約5割。人身事故数は232人(昨年より6人増加)したが、遊泳中の事故は減少して88人(12人減)だった。

 船舶の点検不足には、チャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)の感染増加に伴う自粛等で、点検等がおろそかになった点が影響したかと思われる。一方で、遊泳中の事故が減少したのも、チャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)により自粛等で、海水浴に出る人が減ったことが影響してる模様。

 遊泳中の事故の発生の8割が「自然海岸」等で発生しており、あらためて遊泳可能海岸以外での遊泳は厳に慎むべきと認識されるのだが、今年はチャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)禍で海水浴場自体が通常の営業ができないなど、ウィルス蔓延の影響が随所に見られる。

詳細はこちら→https://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/r2/k200908/k200908.pdf

 

 9日の米国市場は3指標ともに反発!それまで売られていたハイテク株に買い戻しが入ったほか、英国の製薬会社のワクチン治験が再開されるというニュースが好感された模様で、NYダウは27,940㌦47㌣(△439.58)。取引中一時28,206㌦21㌣(△705.32)と28,000㌦台を回復し上げ幅も705㌦を記録する場面もあった。ナスダックは11,141.56ポイント(△293.87)で11,000ポイント回復。S&P500は3,398.96(△67.12)。

 米国市場の回復を受けて日本市場も反発。大引け後の終値は23,235円47銭(△202.93)。業種別指標も33業種すべてがプラスの全面高!特に「海運業」が+6.85%と大きく上げた。

|

10年目の告白。「尖閣諸島シナ漁船巡視船体当たり事件」菅直人の大罪!

Happy-labor-day-2020-snoopy

 7日の米国市場は、Labor Day (労働者の日。9月の第1月曜日)の休日でお休み。

 日本市場は3日ぶりに反発!寄付きは23,188円79銭(△99.04)。一旦上げ幅が39円まで縮小した後100円以上に拡大。大引け後の終値は、23,274円13銭(△184.18)だった。

 

 さて、表題の件。産経新聞によると、今から10年前の平成22年9月7日に、沖縄県石垣市の尖閣諸島周辺海域で発生した、シナ漁船による巡視船みずき(PS-11)に対する体当たり事件に関して、当時外相だった前原誠司氏が重要な証言をしたという。シナ漁船の船長の釈放を、あの最低最悪無能有害総理の菅直人が強く命じたというのである。その理由は、「APECに胡錦濤が来なくなる」という下劣極まり無いものだった。検察への不当な干渉、三権分立を踏み破る大罪である!菅直人は取材に対し「記憶にない」と答えているそうだが、「私がやりました」と告白しているようなものだ。何という愚策!許し難い暴挙である。

産経新聞の記事はこちらhttps://www.sankei.com/politics/news/200908/plt2009080001-n1.html
Ps11

海上保安庁・第11管区・石垣海上保安部所属、巡視船「みずき」。画像出典、石垣海上保安部https://www.kaiho.mlit.go.jp/11kanku/ishigaki/home/c_gyomu/c02_sentei/mizuki.html



 

|

7月はもう終わるけど、終わらない災害派遣(令和2年7月豪雨)

Photo_20200731205301

陸上自衛隊・西部方面特科連隊による、人命救助。

42

駐屯地より災害派遣に出動する、第42即応機動連隊。

42_20200731205601

第42即応機動連隊による、人命救助。

12

孤立地域へ向かう、第12普通科連隊。急流を渡渉!

Photo_20200731205801

海上自衛隊(佐世保地方隊)も出動!

Photo_20200731210001

救助作業準備中の、佐世保水中処分隊(機雷を処分するスペシャリストたち)

Photo_20200731210101

航空自衛隊、航空救難団も出動!

Photo_20200731210301

新田原航空救難団(空自)による、孤立者救助。

Photo_20200731210401

西部方面後方支援隊による、入浴支援(葉隠乃湯)。

5

第5施設団による、人命救助。(いずれも、画像出典、陸上自衛隊公式サイト

 

 7月も今日で終わり。しかし、九州地方を中心に大きな被害を出した、「令和2年7月豪雨」の爪痕は深く残されている。現地では今日も、災害派遣の自衛隊員・予備自衛官、警察、消防、地元消防団、土建業者、役場職員、ボランティアの皆さんたちが、行方不明者の捜索や物資輸送、災害廃棄物の撤去作業などを続けている。梅雨明けの猛暑と厄介なチャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)の感染に注意しつつ、厳しい作業を続けるすべての皆様に感謝を!

詳しくはこちら→https://www.mod.go.jp/js/Activity/Gallery/images/Violentrain/R0207ViolentRain.htm

https://www.mod.go.jp/js/Activity/Gallery/images/Violentrain/R0207ViolentRain/2020violentrain_press1.pdf


 30日のNYダウは、26,313㌦65㌣(▲225.92)で反落。前日反発したと思ったら、今度は下落である。一方、ナスダックは反発で、10,587.81ポイント(△44.87)。S&P500は反落とまちまち。いわゆるGAFAのうち、Amazon、Apple、Facebookが増益で株価も上昇(Googleは減益)で、IT関連株の上昇がナスダックの反発につながった模様。

 一方、日本市場は寄付きからまたも続落でスタート。ズルズル後退して22,000円も割り込み、大引け後の終値は6日続落で21,710円00銭(▲629.23)!630円近く下げてしまった。終値が21,000円台なのは、6月29日に21,995円04銭を記録して以来。

 厚労省によれば、6月の有効求人倍率は1.11で、実に5年8か月ぶりの低水準。一方、6月の完全失業率は2.8%で、0.1ポイントだが改善されたという。

 今週だけでも、株価は1,041円も下げている。チャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)の感染再拡大が、大きく影響していると思われる。

 来週はもう8月である。恐らく関東地方の梅雨も明けるだろう。「月が変われば、ツキも変わる」そうあって欲しいものだ。

 

 

 

|

より以前の記事一覧