海事・海保・海自

2月22日は「竹島の日」。

 朝鮮動乱のどさくさに紛れて韓国に奪われた竹島。これを如何に奪還するか、全国民が知恵を絞る必要がある。覚悟も、問われている。

Photo_20210222184201

閑話休題

 先週末19日のNYダウは31,494㌦32㌣(△0.98)でほぼ横ばい。ナスダックは13,874.46ポイント(△9.10)で4日ぶりに反発。S&P500は3,906.71(▲7.26)で4日続落であった。

 週明けの今日の日本市場は、寄付き30,281円78銭(△263.86)で反発スタート。一時は30,458円13銭(△440.21)と上げ幅も440円まで広がった。しかし、その後利益確定の売りが入って上げ幅は縮小。大引け後の終値は30,156円03銭(△138.11)だった。

 先週末新規上場したものの、上場初日は値がつかなかった、WACUL(東証マザーズ4173)は、今日後場に入ってようやく初値4,645円がついた。終値は4,495円だった。

Photo_20210222184001

猫の日よりも、竹島の日が重要ですよ。

|

フランス海軍フリゲート「プレリアル」、北朝鮮の瀬取り監視に参加。

 防衛省によれば、国連安保理決議により禁じられた「瀬取り」を含む朝鮮民主主義人民共和国(と自称する独裁国家。民主主義のかけらもない)の違法な海上行動を監視するため、フランス海軍フリゲート「プレリアル」が2月から3月上旬まで警戒監視行動に当たるそうです。

Photo_20210218212101

 フランス海軍フリゲート「プレリアル」(Prairial F731)。画像の出典は、防衛省自衛隊の公式サイトこちら)。フロレアル級フリゲート2番艦。基準排水量2,600㌧、全長95.5m。100㎜単装砲×1、20㎜単装機銃×2、MM40「エグゾセ」艦対艦ミサイルランチャー×2、533㎜5連装魚雷発射管×2、ヘリ1機搭載。1992年(平成4年)就役。艦暦30年近いベテランで、過去数回来日している。航海の安全、任務の完遂、武運長久を祈ります。

 

閑話休題

 17日のNYダウは31,613㌦02㌣(△90.27)で最高値をまた更新!31,600㌦台に突入。一方、ナスダックは13,965.49ポイント(▲82.00)で続落。S&P500も3,931.33(▲1.26)で続落。ダウ平均は上昇中だが、他は下降気味。まちまちだ。

 日本市場は寄付き30,311円98銭(△19.79)で反発スタート。一時30,560円49銭(△268.30)まで上げ幅を広げたが、その後利益確定の売りが入ったか徐々に株価は下落。大引け後の終値は30,236円09銭(▲56.10)で続落だった。

 新規上場が1件。化粧品・サプリメント製造販売の、アクシージア(東証マザーズ4963)。買気配のまま直ぐに値がつかなかったが、10時過ぎてから初値2051円がついた。高値2440円、終値は2300円で上場初日の取引を終えた。

|

マスゴミがバカ騒ぎする「森発言」。一番困っているのは習近平ですよね。

 マスゴミが世界に広めた所謂「女性蔑視発言」がもとで、もし東京五輪・パラリンピックに赤信号がともるなら、ウィグル人ジェノサイドの共産党開催の2022北京冬季五輪なんて一発アウトだ。オリンピック憲章に反するどころか、明らかに人道の敵。「平和でよりよい世界の建築」に、逆行している。中止となれば、習近平の面目丸つぶれだろう。

次の話題

 海上自衛隊の潜水艦「そうりゅう」(SS501)の事故続報。潜水艦の司令塔(セイル)の横についてる潜舵が、衝突のため折れ曲がったことがニュース映像で確認できた。他に、セイルについてるマストハウジング、ペリスコープ(潜望鏡)、アンテナも破損したらしい。その為、地上基地との通信ができず、陸上に近づけて隊員のスマホで事故の一報を入れたという話も聞こえてきた。ただし、現時点ではまだ不明な点が多く、断定はできない。

 事故の原因についても、大型船の船底に接近した状態で潜航することで騒音等を消し、被探知を避けて移動する訓練中に、船底との距離を誤ったか、急に浮力がついて(海水温、塩分濃度、pH値の変化などによる)ベント操作も潜舵によるコントロールも間に合わずぶつけたのではないかと言う話も出ている。こちらも、詳しい事故調査の結果待ちだ。

Photo_20210209202701

51,000総㌧の巨体に鉄鉱石を積んだ状態の重い船。水中排水量4,200㌧の「そうりゅう」が船底に当たっても、「・・・今、何かしたか?」ってぐらい大した衝撃もなかったのだろう。(排水量とトン数

次の話題

 8日のNYダウは31,385㌦76㌣(△237.52)で、久しぶりに過去最高値を更新!ナスダックは13,987.64ポイント(△131.34)、S&P500も3,915.59(△28.76)で最高値更新中。

 米国市場に負けじと、日本市場も寄付き29,435円61銭(△47.11)で三日連続の続伸スタート。一時マイナス38円と不安定なところもあったが持ち直し、大引け後の終値は29,505円93銭(△117.43)で昨年来最高値を更新。いよいよ、30,000円が見えてきた!

|

気になるニュース。海自潜水艦が商船と接触。

 本日10:58ごろ、高知沖で海上自衛隊第1潜水隊群所属の潜水艦「そうりゅう」(SS501)が、商船と接触。乗員3名が軽傷を負ったという。相手の商船は「オーシャンアルテミス号」。青島から鉄鉱石を積んで出港し、鹿児島沖を抜け高知沖まで航行していた模様。海上保安庁からの連絡に対し、船体の損傷や乗員のけが等は無いと答えたという。

 まだ詳細は不明なのですが、訓練中潜望鏡深度まで浮上中に、セイルを商船の船底にぶつけたらしい。浮上時は細心の注意を払うはずなのに、何故?続報が待たれます。

Ss501-souryu-class_20210208211001

画像は「そうりゅう」。画像の出典は、海上自衛隊オフィシャルサイト。https://www.mod.go.jp/msdf/equipment/ships/ss/souryu/

閑話休題

 今日の日経平均は大幅続伸!終値29,388円50銭(△609.31)で、30年半ぶりに29,000円台を回復した。

|

シナ海警船が、領海侵犯。「海警法」施行後初。

 6日04:45ごろ、沖縄県石垣市の尖閣諸島付近において、シナ共産党隷下の海警船2隻が領海に侵入した。付近の日本漁船に接近したため、海上保安庁の巡視船が漁船をガードする一方、直ちに領海から退去するよう警告したものの、その後約8時間にわたって領海内に居座り、13:00ごろようやく退去したという。

 例の「海警法」施行後の初の領海侵犯。政府も腹をくくるべきかと思うが、如何?

Photo_20210206221301

報道によると、「南小島」付近で領海侵犯したらしい。

|

明日から施行予定の、シナ共産党「海警法」

 シナ共産党が、手前勝手な法を制定して、「我々は合法的に行動してます」とやらかすのはいつものこと。政府も、外務省、防衛省、海上保安庁など関係機関が対策を鳩首協議してると思いますが、決して付け入る隙を与えないようお願いします。

 特に気になるのは、連中が沖縄県石垣市の尖閣諸島を、「管轄海域」だと勝手に主張して手を出すことだが、こちらの注意が尖閣に向かいがちな隙をついて、沖ノ鳥島や小笠原、日本海にも食指を伸ばしてこないか心配。特に、沖ノ鳥島は要注意かと。

 それにしても、武漢肺炎で各国が対応に追われてる状況を、最大限活用してるな。そこまで計算してウィルスをバラまいたのではないかと、疑わずにはいられない。

海警法」の内容に関しては、こちらのウィキペを参照されたし。→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E4%BA%BA%E6%B0%91%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD%E6%B5%B7%E8%AD%A6%E6%B3%95

Pl201miyako

画像は海上保安庁・第11管区海上保安本部・中城海上保安部所属の巡視船「みやこ」(PL201)。画像の出典は、第11管区海上保安本部の公式サイトより。https://www.kaiho.mlit.go.jp/11kanku/%E8%88%B9%E8%89%87%E3%83%BB%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F%E4%B8%80%E8%A6%A7/PL201miyako.JPG

|

1月18日は「118番の日」

Photo_20210118211601

 非常時の通報電話で「110番」(警察)「119番」(消防・救急)に比べて知名度が今一つの「118番」を普及させようと、海上保安庁が平成3年に制定した。

 ちなみに、「110番の日」は1月10日、「119番の日」は11月9日である。

Photo_20210118212201

閑話休題

 先週末15日のNYダウは30,814㌦26㌣(▲177.26)、ナスダックは12,998.50ポイント(▲114.13)、S&P500は3,768.25(▲27.29)で、3指標とも続落。NYダウは3日続落だった。

 週明け今日の日本市場は、寄付きから28,238円68銭(▲280.50)と続落スタート。冴えない動きで一時28,111円まで下げた。大引け後の終値は28,242円21銭(▲276.97)。先週木曜日の取引中に28,979円をつけた後、29,000円の壁にはね返された感じである。30,000円回復はいつになるのか?

 米国は18日は「キング牧師記念日」(1月第3月曜日)。マーチン・ルーサー・キング・ジュニア牧師(Martin Luther King Jr. 昭和4年1月15日~昭和43年4月4日)に因んだ休日で、株式市場も休場である。

 一方、明日は東池袋暴走自動車殺傷事故(平成31年4月19日)で母娘を死なせ多くの負傷者を出した飯塚幸三被告の第4回公判が開かれる予定である。法廷でどのような発言があるか注目である。

|

シナ海警船4隻が領海侵犯。今年初。

 海上保安庁・第11管区海上保安本部によると、沖縄県石垣市の尖閣諸島周辺海域で、シナ海警局所属の公船と見られる船舶4隻が、10:40頃から次々我が国領海を侵犯した。12:30頃まで領海内にとどまった模様。その後も接続水域を航行していたという。シナ公船による領海侵犯は、今年初。実のところ、1月1日から接続水域を2~4隻の公船が遊弋していた(6日~8日を除く毎日 詳しくはこちら)。

「接続水域」とは、「領海」(基線から12浬。1浬=1,852m)の外側12浬の水域。詳しくはこちら「領海等に関する用語」。

年始の挨拶に来やがったか!呼ばれもせんのに、律儀な奴らだ。

 

閑話休題

 12日のNYダウは31,068㌦69㌣(△60.00)、ナスダックは13,072.43ポイント(△36.00)、S&P500は3,801.19(△1.58)で、主要3指標とも反発だった。

 今日の日本市場は寄付き28,140円10銭(▲24.24)で反落スタートだったが、すぐ切り替えしてプラスに転じ、その後は上げ幅を徐々に広げる展開。日経平均終値は、28,456円59銭(△292.25)で昨年来高値を昨日に続き更新した。

 

Photo_20210113220301

尖閣諸島周辺海域における中国公船及び中国漁船の活動状況についてhttps://www.kaiho.mlit.go.jp/mission/senkaku/senkaku.html

 

|

海保の測量船「昭洋」が、調査中に韓国公船の妨害を受けた模様。

Photo_20210112201601

画像は海上保安庁・海上情報部所属の3000トン型測量船「昭洋」(HL01)。画像の出典は、海上保安庁海上情報部のサイト。https://www1.kaiho.mlit.go.jp/KIKAKU/JCG/msa.html

 報道によると、11日03:25ごろ、長崎県・五島市に属する男女群島の女島(めしま 北緯31度59分53秒、東経128度21分03秒)の西方140㎞(約75.6浬)の海上で、調査中の海上保安庁測量船「昭洋」(上図)に韓国公船が接近し、不当にも作業の中止を要求。昭洋は「我国排他的経済水域(EEZ)内である」として作業を続行したところ、さらに別の公船が現われ、作業の中止を求めて同船と並走。「韓国公船に追い回された」という情報もあり。政府は外交ルートを通じて厳重に抗議したという。

 場所は日韓双方のEEZが接する「日韓中間線」付近の海域だが、明らかにその内側(日本側)。去年8月にも、同種の嫌がらせが発生しているという。危険な挑発行為だ。

 

閑話休題

 11日の米国市場は3指標とも反落。NYダウは31,008㌦69㌣(▲89.28)、ナスダックは13,036.43ポイント(▲165.54)、S&P500は3,739.61(▲25.07)だった。

 今日の日本市場は寄付き28,004円37銭(▲134.66)で反落スタート。一時28,000円台を割り、27,899円45銭(▲239.58)まで下げるシーンも。先週末2日間で1000円以上株価が上昇した反動で、利益確定の売りが出たようだがその後下げ幅は縮小。週末終値を挟んでのもみ合いに。大引け後の終値は28,164円34銭(△25.31)で、三日続伸となった。。

 先日英国でチャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)への効能(重傷者の死亡率軽減、治療期間の短縮)が認められた、「アクテムラ」の製造会社、中外製薬(東証4519)は朝から買気配のまましばらく取引成立せず。その後前日終値を900円上回る6,435円でスタート!利益確定の売りが入って上げ幅は大きく縮小したものの、5,862円(△327 +5.9%)で取引を終えた。

 その他、巣籠もり需要を当て込んで、良品計画(東証7453)が終値2,486円(△130 5.51%)と好調だった。

 

6

 米国大統領選の行方、1月20日に誰が大統領として宣誓するか、それを確認するまでは何も言えない。正直、ワケワカメだ。

|

海事代理士試験の合格者の受験番号が、官報に公示されました。

 合格された皆様、おめでとうございます!

官報https://kanpou.npb.go.jp/20201223/20201223h00400/20201223h004000011f.html

Photo_20201223221201

 

閑話休題

 22日のNYダウは30,015㌦51㌣(▲200.94)で反落。30,000㌦台をかろうじて維持。ナスダックは12,807.91ポイント(△65.40)で17日以来最高値を更新!S&P500は3,687.26(▲7.66)で続落。

 日本市場は寄付きこそ26,580円43銭(144.04)と大きく反発したものの、前場は方向が定まらず昨日の終値付近でもみ合いに。後場に入るとやや上昇傾向になり、大引け後の終値は26,524円79銭(△88.40)で4日ぶりの反発だった。

 今日も新規上場が2社あり。住宅設備機器交換に特化した、住宅リフォーム会社の交換できるくん(7695)と、電力ガス切り替えサービスのENECHANGE(エネチェンジ 4169)。明日も上場あるかな?

|

より以前の記事一覧