海事・海保・海自

GW中の海難発生状況、死者・不明者は過去5年間で最低。

 海上保安庁によれば、ゴールデンウィーク中のマリンレジャー活動に伴う海難発生状況は、船舶事故は77隻(うち、死者行方不明は1隻1人)、人身事故は24人(死者・不明5人)で、死者・不明は過去5年間で最低だったという。

 人身事故では、釣りが一番多く(10人)、全体の4割だった。

詳細はこちら→https://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/r1/k20190514/k190514-1.pdf

 

Photo_36

|

ホルムズ海峡危機

Photo_32

(ホルムズ海峡周辺模式図。中央やや下が、ファジャイラ)

 外電によれば、5月12日朝(日本時間では同日午前)、ホルムズ海峡に近いアラブ首長国連邦東部のファジャイラ沖EEZ内で、サウジ船籍のタンカーが「妨害攻撃」を受けたという。船体にかなりのダメージがあったらしいが、今の時点で大規模な原油流出はない模様。攻撃を行ったのは誰か、攻撃手段等現時点で詳細は不明である。気になるニュースだ。

 ファジャイラはかつて、自衛隊インド洋派遣(平成13年~22年)の際、派遣部隊の拠点に選ばれたこともある、日本にとっても因縁浅からぬ地である。

|

今日は「海上保安の日」

 今から71年前、昭和23年5月12日に海上保安庁発足。それを記念して「開庁記念日」としていたが、平成12年に「海上保安の日」に改め現在に至る。以上、豆知識でした。

|

F35A戦闘機の部品の一部を発見、回収。搭乗員は依然不明。

 昨日、7日の記者会見で、岩谷防衛大臣は墜落したとみられる航空自衛隊三沢基地所属のF35A戦闘機の機体の一部であるフライト・データ・レコーダー(FDR)及びコクピット後方のフードの一部を回収したと発表した。

 JAMSTECの「かいめい」のデータをもとに、米軍チャーターの「ファン・ゴッホ」が引き揚げたという。FDRには肝心のメモリーがなかった模様。また、パイロットも依然不明のままです。

詳しくはこちら→https://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2019/05/07a.html

 

 さて、今朝は5月としてはかなりの寒さですが、NYからさらに寒いニュース!NY株が続落し、一時600ドル安(!)になったという。ドナルド・トランプ米国大統領の 対支関税25%発言 の影響らしいです。このままでは、リーマンショック級の大問題となるかもしれませんね。日本の消費税引き上げが中止になると、いいのですが。

|

ファン・ゴッホ

 今月9日に発生した航空自衛隊のF35A戦闘機墜落事故は、いまだ機体の発見回収もパイロットの行方も不明である。そこで、米国から深海活動(作業)支援船「ファン・ゴッホ」(9200総トン、111m、ウルトラディープソリューションズ所属 こちら)が捜索に加わることになった。同船は、海底油田の開発等に従事する特殊船である。

 当該墜落海域では、すでに日本側から海上自衛隊の敷設艦「むろと」(ARC483 基準排水量4950トン、131.0m)とJAMSTECの「かいめい」が展開している。日米共同で、捜索活動が行われる予定だという。

 

Arc483-muroto

(※画像は敷設艦「むろと」。海底にソナー網SOSUSを敷設する特殊な艦艇で秘匿性が高い。出典:海上自衛隊オフィシャルサイト https://www.mod.go.jp/msdf/equipment/ships/arc/muroto/

 

 今日は平成最後の「昭和の日」。あすはいよいよ平成最後の日である。明日の夕食は「平成最後の晩餐」である。何を食べようかな?寿司もいいけど、すき焼きも捨てがたい!う~む、悩むな……

|

今日は「海上自衛隊の日」

昭和27年4月26日、海上保安庁内に現在の海上自衛隊の前身のなる海上警備隊が創立されたことを記念して。(その後、昭和29年7月1日に、海上自衛隊発足)

なお、今日は特にイベント等は無い模様。

 

ちなみに明日4月27日(土)には各地で海事関連のイベントあり。ゴールデンウィークに出かけてみては?

詳しくはこちら→https://www.mod.go.jp/msdf/event/

 「エアーメモリアル in かのや2019」(こちら

   海上自衛隊鹿屋基地 P3C体験搭乗、佐世保音楽隊演奏

 「2019 SPRING FESTIVAL」(こちら

   日米親善春祭り 厚木基地一般公開

 「護衛艦こんごう一般公開」(こちら

   山口県あるかぽーと岸壁

 「ニコニコ超会議2019」(27,28日)

   千葉県幕張メッセ(こちら

|

消えたエサンベ鼻北小島?第1管区海上保安本部が来月測量へ。

道北の猿払村沖合約500mの小島、エサンベ鼻北小島が昨年から「見えなくなった」との声が相次ぎ、海上保安庁第1管区海上保安本部が来月測量調査を行う予定だという。どうやら、波浪と流氷に削られ、海上から見えなくなったらしい。

|

F35Aの捜索に強力な助っ人。JAMSTECの「かいめい」投入。

Jamstec

(※画像は回頭中の「かいめい」。出典:JAMSTECギャラリーhttp://www.jamstec.go.jp/gallery/j/ship/km/001.html

 

 岩谷防衛大臣は記者会見で、行方不明の航空自衛隊戦闘機F35Aの捜索に、海洋研究開発機構(JAMSTEC)の海底広域研究船「かいめい」が参加すると述べた。(「かいめい」の要目は、こちら

以下、記者会見から引用

 4月9日に発生した航空自衛隊三沢基地所属の戦闘機、F-35Aの機体につきましては、現在も海上自衛隊の艦艇等により捜索を実施しているところですが、今般、防衛省・自衛隊からの依頼によりまして、文部科学省が所管する国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)の保有している海底広域研究船「かいめい」が海中の捜索活動に参加することとなりました。「かいめい」は、海底資源の調査等に当たって高い能力を有する船舶と承知しており、防衛省・自衛隊としては、文部科学省及びJAMSTECの協力に感謝するとともに、「かいめい」と協力して、一刻も早い機体の発見に努めてまいります。

 以上、引用終わり。

詳しくはこちら→https://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2019/04/23a.html

 一刻も早く、機体と乗員が発見されることを願います。

F35a-take-off

(画像はF35A戦闘機。出典:航空自衛隊オフィシャルサイト

 

|

護衛艦「すずつき」青島入港。

117-suzutsuki

(画像は護衛艦「すずつき」出典:海上自衛隊公式サイト

 

 昨日、海上自衛隊の護衛艦「すずつき」(DD-177)が青島に入港した。23日から開催される予定の観艦式に参加するためである。海上自衛隊の護衛艦がシナに行くのは七年半ぶり。この観艦式、たしかアメリカ海軍は艦艇の派遣はしないはずだったが、海上自衛隊は派遣しちゃってよかったのだろうか?シナに間違ったシグナルを送ることにならないといいが。

|

海上保安庁練習船「こじま」世界一周航海へ!

Pl21_1 Pl21kojima03 Pl21kojima02

(※上記画像は、海上保安庁の練習船「こじま」。出典:海上保安大学公式サイト

https://www.jcga.ac.jp/shisetu/kojima/

 海上保安庁によれば、練習船「こじま」(PL21 2950総トン、115.0m、18節)による世界一周遠洋航海実習が行われるという。

 実施期間は、平成31年4月26日から令和元年8月4日までの101日間。総航程は26,000海里に及び、5か国6か所に寄航する予定。4月26日に出航、太平洋を東進し、サンフランシスコに寄航。パナマ運河通過後ニューヨーク、大西洋から地中海に入りピレウス(希)、スエズ運河通過後インド洋に入りコロンボに寄航、さらにシンガポールダナン(越)に寄航し、8月4日に呉に帰港する。

 この航海は、法の支配に基づく自由で開かれたインド太平洋の構築に寄与すると、期待されている。

 

詳しくはこちら→https://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/h31/k20190417/k190417-2.pdf

|

より以前の記事一覧