埼玉県・草加市・東武沿線

秩父吉田の龍勢

 秩父の吉田地区に伝わる『龍勢』が今年も行われた。

 国の重要無形民俗文化財に指定されているこの祭り、松の木を筒状にくりぬき、中に火薬を詰めた農民ロケットである。一度見に行ってみたいのだが、なかなか行く機会が無い。来年はぜひ、見に行ってみたいな。


Photo


|

「熊谷夏の陣!」新・大温度計出陣!!

 夏の熊谷名物・大温度計が、デザインを一新して熊谷市の八木橋百貨店こちら)前に今日デビューしたそうです。8月末まで設置予定。

|

埼玉県の上田知事が、全国知事会の次期会長に。

 上田埼玉県知事が、全国知事会の次期会長にほぼ内定したそうです。
 一応、おめでとうと言うべきなのかな?

|

暑さのピーク!秩父で3日連続夏日。

 埼玉県内では連日暑い日が続いている。なんと秩父で3日連続25度以上の夏日を観測!4月上旬での3日連続夏日は、観測史上初とのこと。
 ただ、暑さも今日がピークで、明日は8度前後気温が下がる模様。気温差に注意が必要である。

|

川口市が中核市に移行。

 シナのお騒がせ天宮1号は、本日大気圏突入し燃え尽きた模様。実害はなかったようでよかったです。

 さて、新年度を迎えるなか、埼玉県川口市(人口60万人以上)が4月1日付で中核市に移行しました(こちら)。県内では、川越市、越谷市に次いで3番目です。
 中核市とは、法定人口20万人以上の市が、市議会及び都道府県議会の決議を経て申請する。中核市になると、それまで都道府県の専管であった事務権限の一部が移譲されます。川口市も、およそ2200件の事務権限が埼玉県から移譲されるそうです。
 埼玉県内では、他にも春日部市上尾市や所沢市や熊谷市、草加市なども人口20万人以上で、所沢市は中核市への移行を検討しているという話もあるようです。

|

もっと広く知られてほしい!「無期転換ルール、ご存じですか?」

 今年4月から、同一の職場で5年を超えて働く有期雇用者からの申し込み(←ここ重要)で、有期雇用を無期雇用に転換できる「無期転換ルール」(労働契約法第18条平成25年4月1日施行)が始まります。
 ところが、肝心の非正規労働者の8割以上が、制度の存在自体知らないことが、埼玉県が実施した非正規雇用者実態調査で明らかになりました。県勤労福祉課によれば、無期転換ルールを知ってると答えた非正規労働者はわずか17パーセント!PR不足としか言いようがありません。併せて有期契約への転換を希望するか尋ねたところ、6割以上が「希望する」「どちらかというと希望する」と回答したという。
 言うまでもないことだが、「権利はその上で胡坐をかくものを救わない。」5年を超えれば、自動的に無期雇用になるわけではない。労働者側から申し込む必要がある。そのためにも制度の存在そのものを、もっと周知徹底されなければならない。マスゴミも、いつまでも「モリだカケだ」とばかりやってないで、国民に役に立つ情報を流せ!

「無期転換ルール」について→http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11201250-Roudoukijunkyoku-Roudoujoukenseisakuka/0000177137.pdf

|

いよいよ明日!東武SL大樹デビュー!

 東武線にSLが走る!その名も「大樹」!!

 楽しみだ!

詳しくはこちら→http://www.tobu.co.jp/sl/

|

なんか、めちゃくちゃ豪雨なんですけど。

 今朝、急に雷が鳴りだしたと思ったら、とんでもない豪雨になった。極端だな!
 これで少しでも涼しくなってくれれば良いのだが、雨雲が移動したらすぐ止みそうだ。その後は、きっと蒸し暑くなるのだろう・・・ユウツな気分だrain

|

すごいぞ鳩山町!交通事故死ゼロ3000日達成!!

 我が埼玉県は、今年交通事故死が既に58人!昨年の同時期に比べ10人も多く、目下全国ワースト1位である。嘆かわしいことである。
 そんな中にあって、鳩山町は平成21年2月3日以来交通事故死ゼロを続け、ついに3000日に達したという。このまま是非、記録を更新し続けてください。

|

埼玉県防災ヘリ、山岳救助で登山者から「手数料」徴収へ。

Photo


 埼玉県議会平成29年2月定例会(2月20日~3月27日)にて、本日提出された議題(議 第二号議案「埼玉県防災航空隊の緊急業務に関する条例の一部を改正する条例」 こちら)によれば、遭難した登山者から救助に出動したヘリの手数料を取ることになるという。会期末の3月27日に可決成立する予定で、成立すれば全国初になるという。
 手数料をとることで、無謀な登山の歯止めになることが狙いという。周知の必要があるため、施行は平成30年1月1日となる予定。
 肝心の手数料は、「知事が告示で定める額」とされているが、自民党県議団提出の骨子案では燃料代を基に計算し、おおむね「5万円」程度を想定している。
 なお、民間救助ヘリの場合、数十万円かかる


Photo_2

(※画像は埼玉県防災航空隊所属のヘリ。埼玉県公式ホームページより、転載させていただきました。)


|

より以前の記事一覧