防衛省・統合幕僚監部

領空侵犯やら山林火災やら

多事多端

ロシア機による領空侵犯、大阪G20を前にプーチンが何かアピールしたいのか?

高知県安芸郡北川村で発生した山林火災で災害派遣が実施されていましたが、こちらは爾後自治体で対応可能ということで撤収要請が高知県知事から出され、終了したそうです。対応された自衛隊員の皆様、ありがとうございました。

https://www.mod.go.jp/j/press/news/2019/06/22a.pdf

|

F35A墜落事故に関して

事故当時、当該機を操縦し行方不明となっていた、細見彰里3等空佐(41)の死亡が確認されそうです。謹んで、ご冥福お祈りいたします。

https://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2019/06/07a.html

|

今日もどこかで災害派遣

北に山林火災あれば消火に駆け付け

西に豚コレラあれば殺処分に従事する

 災害列島の我が日本國。今日もどこかで救いを求める声が…

 5月27日に発生した、北海道紋別郡雄武町の山林火災で北海道知事による災害派遣要請をうけ、自衛隊のヘリ部隊が消火のため出動していたが、こちらは爾後自治体で対応可能として6月4日に知事から撤収要請が出されている。(こちら

 一方、6月5日に発生した、岐阜県山県市の豚コレラ騒ぎでは、毎度お馴染み陸自第10師団に災害派遣要請が出され、現在対応中である。(こちら

 関東地方で今日梅雨入り。これから梅雨→台風→秋の長雨と、雨季到来である。ことに、ここ数年西日本で連続して水害が発生していて警戒が必要。益々自衛隊が頼りである。隊員の皆様、厳しい任務ですがどうかよろしくお願いいたします。いざと言う時は、あなた方が最後の砦です。

|

どうも、天気の話題ばかりで…

 別に、ネタがなくて天気の話でお茶を濁してるわけではないのですが。

 

 各地で発生した災害等に対応して、自衛隊に災害派遣の要請が出ていたが、愛知県田原市の豚コレラと鹿児島県屋久島の大雨に対応した災害派遣は、すでに終了している。出動された自衛官及び警察消防自治体職員等、全ての方に感謝を。ありがとうございました。

愛知県田原市における豚コレラに係る災害派遣について(最終報)


鹿児島県屋久島における豪雨による孤立者の救助等に係る災害派遣について(最終報)

 一方、鹿児島県口永良部島における豪雨による断水被害等に係る災害派遣は、現在も継続中。隊員の皆様、宜しくお願いします。

詳しくはこちら→https://www.mod.go.jp/j/press/news/2019/05/23a.pdf

 

Photo_37

 

|

屋久島大雨で災害派遣。陸海空三自衛隊合同(+海上保安庁)で出動。

190519

海上自衛隊鹿屋基地から空自のC-1輸送機に搭乗する陸自第12普通科連隊の隊員。画像の出典は、防衛省・自衛隊公式サイト

 令和元年5月18日(土)、鹿児島県屋久島で大雨による土砂崩れが発生。孤立した登山者らを救出するため、同日21:00に熊本県知事から災害派遣要請あり。要請を受け、海上自衛隊輸送艦「くにさき」(LS-4003)が出動。陸上自衛隊から熊本の第8師団隷下の第12普通科連隊の隊員が、航空自衛隊C-1輸送機(入間 第2輸送航空隊)及び海上保安庁巡視船「あまぎ」(PL67 奄美海上保安部所属)に分乗して現地に向かった。

詳細はこちら→https://www.mod.go.jp/j/press/news/2019/05/19d.pdf

Pl67

(巡視船「あまぎ」出典:第10管区・奄美海上保安部ホームページ

Ls4003

(海上自衛隊輸送艦「くにさき」出典:海上自衛隊オフィシャルサイト

|

ホルムズ海峡危機

Photo_32

(ホルムズ海峡周辺模式図。中央やや下が、ファジャイラ)

 外電によれば、5月12日朝(日本時間では同日午前)、ホルムズ海峡に近いアラブ首長国連邦東部のファジャイラ沖EEZ内で、サウジ船籍のタンカーが「妨害攻撃」を受けたという。船体にかなりのダメージがあったらしいが、今の時点で大規模な原油流出はない模様。攻撃を行ったのは誰か、攻撃手段等現時点で詳細は不明である。気になるニュースだ。

 ファジャイラはかつて、自衛隊インド洋派遣(平成13年~22年)の際、派遣部隊の拠点に選ばれたこともある、日本にとっても因縁浅からぬ地である。

|

F35Aの捜索に強力な助っ人。JAMSTECの「かいめい」投入。

Jamstec

(※画像は回頭中の「かいめい」。出典:JAMSTECギャラリーhttp://www.jamstec.go.jp/gallery/j/ship/km/001.html

 

 岩谷防衛大臣は記者会見で、行方不明の航空自衛隊戦闘機F35Aの捜索に、海洋研究開発機構(JAMSTEC)の海底広域研究船「かいめい」が参加すると述べた。(「かいめい」の要目は、こちら

以下、記者会見から引用

 4月9日に発生した航空自衛隊三沢基地所属の戦闘機、F-35Aの機体につきましては、現在も海上自衛隊の艦艇等により捜索を実施しているところですが、今般、防衛省・自衛隊からの依頼によりまして、文部科学省が所管する国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)の保有している海底広域研究船「かいめい」が海中の捜索活動に参加することとなりました。「かいめい」は、海底資源の調査等に当たって高い能力を有する船舶と承知しており、防衛省・自衛隊としては、文部科学省及びJAMSTECの協力に感謝するとともに、「かいめい」と協力して、一刻も早い機体の発見に努めてまいります。

 以上、引用終わり。

詳しくはこちら→https://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2019/04/23a.html

 一刻も早く、機体と乗員が発見されることを願います。

F35a-take-off

(画像はF35A戦闘機。出典:航空自衛隊オフィシャルサイト

 

|

岐阜県恵那市の豚コレラの続報。

 岐阜県恵那市で発生した豚コレラに対応するため出動していた陸上自衛隊第10師団に対し、昨日20:55ごろ岐阜県知事より撤収要請があったという。爾後、自治体で対応可能であるという理由で。このまま、一連の豚コレラ騒動が終息に向かってくれるとありがたいのですが。

 ともあれ、災害派遣で出動された自衛隊員の皆様、ありがとうございました。

詳しくはこちら→ttps://www.mod.go.jp/j/press/news/2019/04/19e.pdf

|

収まらない豚コレラ禍

1010

(画像は災害派遣に出動する陸上自衛隊第10師団隷下の第10偵察隊。出典:陸上自衛隊第10師団 こちら

 

 豚コレラ問題は、未だ終息せず。4月に入ってからも、10日に愛知県瀬戸市で、17日には岐阜県恵那市で発生。陸上自衛隊第10師団が災害派遣で出動し、豚舎における豚の追い込みや殺処分された豚の処理といったきつい任務をもくもくこなしている。頭が下がります。

 瀬戸市の件は既に13日に撤収(こちら)したが、恵那市の方はまだ継続中(こちら)。任務に当たる自衛官の皆様に、感謝とエールを送ります。ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

|

収まらない豚コレラ。陸上自衛隊第10師団再出動。

 「爾後、自治体で対応可能」・・・とはいかなくなった。

 2月13日に愛知県田原市の養豚場で豚コレラが確認され、翌14日08:00に愛知県知事より陸上自衛隊第10師団に災害派遣要請があった。任務は豚舎における豚の追い込みや運搬、消毒など。きつい仕事です。出動するすべての自衛官の皆様に、エールを送ります。ありがとう、どうかお気をつけて!

詳しくはこちら→http://www.mod.go.jp/j/press/news/2019/02/18a.pdf

|

より以前の記事一覧