陸上自衛隊・帝国陸軍

平成30年度富士総合火力演習のお知らせ

30
(※画像は陸上自衛隊公式Webサイトより、転載させていただきました)

 今年の「陸上自衛隊富士総合火力演習」(通称:そうかえん)の応募が既に始まっています。7月16日(月)24:00まで、応募サイトよりインターネットを通じての応募となります。
 演習は8月26日(日)10:00~12:00の予定。振るってご応募を!

応募はこちらから→http://www.mod.go.jp/gsdf/event/fire_power/app.html

 先日発生した大阪北部地震。震災関連死と思われる新たな犠牲者が1名出て、死者5人。余震が続く中で大雨と、現地は困難な状態。陸上自衛隊は災害派遣で断水地域で給水支援を行っているそうです。被災された皆様の無事と、一日も早い復旧を願っています。

 ロシアワールドカップ対コロンビア戦。日本チームは前半開始早々鮮やかな速攻で1点先取するも、その後同点とされ前半終了。今後半戦が始まったところ。がんばれニッポンチーム!


|

陸自対戦車ヘリAH-64D事故について。

Ah64d
(※画像はAH-64D。通称ロングボウ・アパッチ。陸上自衛隊の公式Webサイトより、転載させていただきました)

 今年2月5日に発生した、陸上自衛隊・目達原駐屯地所属の攻撃ヘリコプター「AH-64D」の事故(乗員2名殉職、民家に被害)に関する報告。
 陸自による事故原因の調査報告によると、事故の原因は乗員の操縦及び整備員の整備に起因するものではなく、アウトボードボルトの破断によるとした。

以下は報告書より引用

(詳 細) ○ 飛行中にNo4メイン・ローター・ブレードとストラップ・パックを接続するアウト ボード・ボルトが破断 ○ アウトボード・ボルトとアウトボード・ナットの間に約6ミリの間隔が発生 ○ ストラップ・パックを構成する各ラミナ(薄い鋼板)間に間隙ができ、各ラミナに不 均等に力がかかったため、遠心力に耐えられなくなったラミナが破断 ○ No4メイン・ローター・ブレードがメイン・ローター・ヘッドから分離し、機体は 揚力を失って自由落下となり墜落

以上引用終わり。

もし予算不足で、交換部品不足に陥っていたとしたら言語道断だ。

詳細はこちら→http://www.mod.go.jp/gsdf/equipment/air/index.html


|

オーストラリア陸軍主催射撃競技会において、陸自チームが狙撃部門で1位!

89
(※画像は89式小銃陸上自衛隊公式ホームページより、転載させていただきました)

 陸上自衛隊のプレスリリースによれば、オーストラリアで開催された豪陸軍主催射撃競技会(4/27~5/11)において、陸上自衛隊チームが狙撃部門で1位(13か国、18チーム中)を獲得!国際マッチ部門でも3位となった。すごいな!

詳しくはこちら→http://www.mod.go.jp/gsdf/news/press/2018/pdf/20180517.pdf


|

ありがとう、感謝の言葉を伝えたい。(大分県中津市耶馬渓の山崩れ災害に出動したすべての自衛隊員へ)

nifty.com/photos/uncategorized/2018/04/23/photo.jpg">Photo

 4月11日(水)に発生した、大分県中津市の山崩れ災害。生き埋めになった6人全員死亡という、悲しい結果に終わりました。
 災害発生直後の4月11日06:20に、大分県知事より陸上自衛隊・第41普通科連隊別府駐屯地)に対し「災害派遣」の要請があり、自衛隊では41連隊に加え西部方面航空隊、第2施設群、西部方面戦車隊などを動員して、連日捜索活動を実施。人員約250名体制(延べ人数約3250名)車両約65輌(延べ845輌)をもって懸命に捜索を行うも、残念な結果に終わりました。行方不明者全員の身元が確認されたことで、本日11:26をもって撤収要請が大分県知事より伝えられ、撤収となりました。
 厳しい結果となりましたが、今日まで捜索に尽力されたすべての隊員に、心から感謝を述べたいと思います。ありがとうございました。併せて、捜索に加わった警察消防地元自治体など、全ての関係者にも感謝します。ご苦労様でした。

詳しくはこちら→大分県中津市における山崩れに伴う人命救助に係る災害派遣についてPhoto_2
(※災害現場の全景)

Photo_3
(※捜索中の隊員。陸上自衛隊・別府駐屯地のホームページより、転載させていただきました)


|

陸上自衛隊の改編。

Photo
(※画像は16式機動戦闘車。即応機動連隊に配備される。陸上自衛隊の公式Webサイトより、転載させていただきました)

 陸上自衛隊では、第14旅団(香川県・善通寺)が隷下の第15普通科連隊(歩兵聯隊)を即応機動連隊に改編し、機動旅団化。
 さらに、西部方面隊隷下の第8師団でも第42普通科連隊を即応機動連隊とし、機動師団となった。
 さらに、5つの方面隊(北部、東北、東部、中部、西部)の上に陸上総隊が置かれる。

 いずれも、昨今の厳しさを増す国際情勢を反映しての処置である。

 なお、第14旅団では創隊12周年及び善通寺駐屯地開設68周年を記念して、イベントを来る4月22日に開催予定。

詳しくはこちら→http://www.mod.go.jp/gsdf/mae/14b/14bkinen/index.html


Photo_2
(※イベントの告知ポスター。陸上自衛隊第14旅団のホームページより、転載させていただきました)


|

紫紺の新制服。

春の選抜は紫紺の優勝旗。
陸自の新制服も紫紺?!

 陸上自衛隊のプレスリリースによれば、制服を新調するとのこと。最大の変更点は、制服の色。なんと、紫紺だという。緑系統の方が、陸自っぽいと思うけどな。

詳しくはこちら→http://www.mod.go.jp/gsdf/news/press/2018/pdf/20180322.pdf

|

ヘリ事故の続報。

 昨日発生した、AH64-Dヘリコプター墜落事故の続報。
 昨日ブログ記事を書いた段階では、「二人心肺停止、うち1名は死亡確認」という情報だったのですが、実際は1名収容(死亡)、1名(機長と思われる)行方不明だったという。そして、行方不明だった1名は本日の捜索で機体付近から発見、死亡が確認されたという。殉職された2名の自衛官のご冥福を祈るとともに、ご家族及び関係者の皆様に、心からお悔やみ申し上げます。
 防衛省の記者会見(こちら)によれば、同機はメインローターヘッドの交換後、試験飛行を実施していた模様。事故の目撃証言に「ロータブレードが空中で飛散した」という趣旨の証言があるところから、そのあたりに原因があるのかもしれません。陸上自衛隊のプレスリリース(第6報)では、機体からMDR(メンテナンス・データ・レコーダー)が発見されたとのこと。ここから、事故の詳細が明らかになるかもしれません。くれぐれも、原因の徹底的な解明と、再発防止を願います。

 さて、明日2月7日は「北方領土の日」です。1885年2月7日(安政元年十二月二十一日)に「日魯通好条約」が結ばれたことに由来するそうです。
 この日は毎年東京で北方領土返還要求全国大会が開かれるほか、全国各地でイベントが行われるそうです。

Photo
(※画像は択捉島の散布山。外務省のホームページより、転載させていただきました)


|

激しく悪いニュース!陸自ヘリ墜落。

Ah64d
(※画像は事故機と同型のAH64-Dロングボウ・アパッチ攻撃ヘリ。陸上自衛隊公式ホームページより、転載させていただきました)

 本日16:45ごろ、佐賀県にて、陸上自衛隊・目達原(めたばる)駐屯地所属のヘリが墜落した。乗員2名が心肺停止、うち1名死亡との情報もあるが、現時点で詳細は不明。
 事故機は第3対戦車ヘリコプター隊3ATH)のAH64-D対戦車ヘリ。点検飛行中の事故のようですが、原因等詳しいことはまだ・・・誠に残念なことです。


|