陸上自衛隊・帝国陸軍

連休明け米国市場、NYダウ28,000ドル割れ!

 レイバーデーを含む三連休明けの8日のNYダウは27,500㌦89㌣(▲632.42)と大きく下げ28,000㌦を大きく割り込んだ。それまで株高を牽引してきたIT・ハイテク関連株の下落が止まらず、電気自動車のテスラがマイナス21%と大きく下げたほか、AppleMicrosoftも大きく下げた。ハイテク株の比率が高いナスダックは10,847.69ポイント(▲465.44)でマイナス4.11%も下げた。S&P500も3,331.84(▲95.12)で続落。

 米国市場の下落の影響で、日本市場は反落。寄付きから22,966円89銭(▲307.24)と大きく下げあっさり23,000円を割り込み、昨日上げた分の184円も吐き出してしまった。その後も23,000円を挿んでのもみ合い。ただ、引けに向けて次第に下げ渋り、大引け後の終値は23,032円54銭(▲241.59)だった。

 

210 

210_20200909225501

画像は、令和2年台風10号に関わる災害派遣で、鹿児島県・十島村の住民の避難に当たる、陸上自衛隊西部方面隊所属のヘリコプター。(画像出典・統合幕僚監部https://www.mod.go.jp/js/Activity/Disaster_relief/0209_10th_typhoon.htm )。ありがとうございます。頼りにしています。

|

台風10号接近中。

 ものすごい強力な台風ということで、大変心配です。

 安倍総理は閣議で対策を指示、自衛隊22,000人が災害派遣に向け待機に入ったという情報もあります。

 それとは別に、昨日4日から鹿児島県知事より陸自第8師団に対し災害派遣要請が出され、鹿児島県南部の十島村の7つの島(口之島、中之島、平島、諏訪瀬島、悪石島、小宝島、宝島)に在住の高齢者、乳幼児、妊婦の計200名を鹿児島市内(谷山救難用ヘリ広場)まで空輸し、早めの避難を完了させています(詳細はこちら)。状況は動き出しています。

 台風接近、場合によっては上陸もあり得るという九州地方は、7月にも豪雨被害があったばかり。大きな被害が出ないよう祈ります。現地の皆様、くれぐれもご用心。

 

|

7月はもう終わるけど、終わらない災害派遣(令和2年7月豪雨)

Photo_20200731205301

陸上自衛隊・西部方面特科連隊による、人命救助。

42

駐屯地より災害派遣に出動する、第42即応機動連隊。

42_20200731205601

第42即応機動連隊による、人命救助。

12

孤立地域へ向かう、第12普通科連隊。急流を渡渉!

Photo_20200731205801

海上自衛隊(佐世保地方隊)も出動!

Photo_20200731210001

救助作業準備中の、佐世保水中処分隊(機雷を処分するスペシャリストたち)

Photo_20200731210101

航空自衛隊、航空救難団も出動!

Photo_20200731210301

新田原航空救難団(空自)による、孤立者救助。

Photo_20200731210401

西部方面後方支援隊による、入浴支援(葉隠乃湯)。

5

第5施設団による、人命救助。(いずれも、画像出典、陸上自衛隊公式サイト

 

 7月も今日で終わり。しかし、九州地方を中心に大きな被害を出した、「令和2年7月豪雨」の爪痕は深く残されている。現地では今日も、災害派遣の自衛隊員・予備自衛官、警察、消防、地元消防団、土建業者、役場職員、ボランティアの皆さんたちが、行方不明者の捜索や物資輸送、災害廃棄物の撤去作業などを続けている。梅雨明けの猛暑と厄介なチャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)の感染に注意しつつ、厳しい作業を続けるすべての皆様に感謝を!

詳しくはこちら→https://www.mod.go.jp/js/Activity/Gallery/images/Violentrain/R0207ViolentRain.htm

https://www.mod.go.jp/js/Activity/Gallery/images/Violentrain/R0207ViolentRain/2020violentrain_press1.pdf


 30日のNYダウは、26,313㌦65㌣(▲225.92)で反落。前日反発したと思ったら、今度は下落である。一方、ナスダックは反発で、10,587.81ポイント(△44.87)。S&P500は反落とまちまち。いわゆるGAFAのうち、Amazon、Apple、Facebookが増益で株価も上昇(Googleは減益)で、IT関連株の上昇がナスダックの反発につながった模様。

 一方、日本市場は寄付きからまたも続落でスタート。ズルズル後退して22,000円も割り込み、大引け後の終値は6日続落で21,710円00銭(▲629.23)!630円近く下げてしまった。終値が21,000円台なのは、6月29日に21,995円04銭を記録して以来。

 厚労省によれば、6月の有効求人倍率は1.11で、実に5年8か月ぶりの低水準。一方、6月の完全失業率は2.8%で、0.1ポイントだが改善されたという。

 今週だけでも、株価は1,041円も下げている。チャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)の感染再拡大が、大きく影響していると思われる。

 来週はもう8月である。恐らく関東地方の梅雨も明けるだろう。「月が変われば、ツキも変わる」そうあって欲しいものだ。

 

 

 

|

引き続き厳重な注意を

 九州の大雨被害。現時点で死者56人、心肺停止2人、行方不明12人。犠牲者のご冥福と、行方不明者の迅速な発見・救助を祈るのみです。これ以上犠牲者が増えませんように。被災地に迅速な救援の手が差し伸べられますように。

 しかし、国会が休会中だったのは、不幸中の幸いだったかもしれません。重要な決定は閣議で迅速になされ、存在自体が無駄としか言いようがない無能で有害な野党との不毛なやり取り(論戦とすらいえない、罵詈雑言の嵐)に時間を潰されずに済む。予備費も多めに確保しておいてよかった。こんなに早く必要になるとは、思いませんでしたが。もっとも、予備費の使途に関し、野党が余計な注文を付けたせいで、大雨対策に回せるよう変更が必要かもしれません。さらに今後チャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)対策と合わせて、第3次補正予算が必要になりそうです。

 

 三連休明けの6日のNYダウは、26,287㌦03㌣(△459.67)で続伸。ナスダックは10,433.65ポイントでまたも最高値を更新。S&P500もプラスでした。配車サービス大手のUberが、本業が不振な中、食料品デリバリー事業の強化を図って競合するポストメイツを買収したことで株価が6%上昇。Amazonやネットフリックスも好調で、株価全体を押し上げた模様。6月のISM非製造業景況感指数が57.1と市場予測より良い数字だったことも好影響か。

 一方、日本市場は寄付き22,649円90銭(▲64.54)と四日ぶり反落でスタート。一時的に反発して上げ幅が27円まで上昇する魔面があったものの、利益確定の売りが先行して買いが続かず。この三日で600円近く上げた反動で、一息ついたかたち。下げ幅は最大で174円まで広がったが、大引けに向けてやや値を戻し、終値は22,614円69銭(▲99.75)だった。

22

野外炊具1号(22改)。200人分の主食と副食を同時に調理できる優れもの。画像出典は、陸上自衛隊公式サイト(こちら

|

広がる九州豪雨被害。(令和2年7月前線に伴う大雨)

Photo_20200706210601

令和2年7月前線に伴う大雨に係る災害派遣要請を受け、北熊本駐屯地より出動する陸上自衛隊第8師団所属の、96式装輪装甲車。画像の出典は、陸上自衛隊公式サイト・第8師団(こちら

 拡大する大雨被害。熊本県に続き、福岡県・佐賀県・長崎県など九州北部にも大雨特別警報(警戒レベル5)が出されたほか、南部の鹿児島県などでも土砂災害への警報が出るなど厳重な警戒が必要です。大変心配です。

令和2年7月前線に伴う大雨に係る災害派遣https://www.mod.go.jp/j/approach/defense/saigai/2020/pdf/0705a.pdf

 九州だけでなく、日本の他の地域でも大雨が予想され、関東地方でもこれからかなりの雨量が予想されるようです。大変だこりゃ。

Photo_20200706211901

陸上自衛隊の秘密兵器、「野外炊具1号(改)」。災害派遣で大威力を発揮する、被災者の胃袋を守る最終兵器。画像の出典は、陸上自衛隊公式サイト(こちら

 

 今日の日経平均は、寄付き22,341円27銭(△34.79)で三日続伸のスタート。時間経過と共に株価は上昇し、大引け後の終値は22,714円44銭(△407.96)と400円以上アップ。日本版恐怖指数と言われる日経平均VIは、21.50という低い数値だった。

|

熊本県で大雨被害。

 熊本県で大雨の被害拡大、球磨川流域を中心に河川氾濫や土砂崩れが発生し、死者行方不明者が出ています。大変心配です。現地で救援活動や復旧に当たられている、消防救急警察、自治体職員や地元土建業者、災害派遣で出動した自衛隊や、海上保安庁の救難部隊の皆様。危険な任務を果たされていることに感謝します。ありがとうございます。引き続き、二次災害に巻き込まれないよう十分注意しつつ、職責を果たされますように。応援しています。被災地域の皆様、月並みな言葉ですが、頑張ってください。

Photo_20200704224301

熊本の鎮西第8師団所属、第8飛行隊のUH-60JA多目的ヘリの雄姿。画像の出典は、陸上自衛隊第8師団サイト

|

特に何もない土曜日だった。

 22日のNYダウは24,465㌦16㌣(▲8.96)でわずかに続落。取引中に一旦24,294㌦07㌣(▲180.05)と180ドルも下げて、そこから戻したのだが、プラスに転じるには至らなかった。ナスダックとS&P500はわずかにプラスで、まちまちだった。

 富士総合火力演習をYouTubeで観た。一般客はなく、制服組の自衛官と背広組の防衛省関係者にわずかなプレスのみ。陸自隊員が大勢、シート(?)の上でソーシャルディスタンスを保って座った状態で見学する中、粛々と訓練が展開された。いつもより規模を縮小したせいか、戦闘ヘリの参加は無し。色々異例づくしの総火演だったが、それなりに面白かった。

 首都圏はまだまだ緊急事態宣言中で特にやることもなし。ああ、暇だなあ・・・

Photo_20200523225201

|

いよいよ明日、「令和2年度・富士総合火力演習」(ライブ配信予定)

Photo_20200522172101

※画像出典、陸上自衛隊公式サイト

 21日のNYダウは、24,474㌦12㌣(▲101.78)で反落だった。

 日本市場は寄付きこそ20,583円95銭(△31.64)でわずかに反発してスタート。一時20,615円12銭(△62.81)まで上げたのだが、そこから失速。シナ共産党が全人代で香港に対する締付を示唆したことで、香港市場が急落したことも影響したか、下げ幅は広がるばかり。前引けは20,462円11銭(▲90.20)。後場に入ると一気に下げ幅が150円以上に広がり、217円も下げる場面も。大引け後の終値は、20,388円16銭(▲164.15)で続落だった。

 先週末(15日)の終値が、20,037円47銭。この一週間でトータル350円69銭の株高である。来週はいよいよ首都圏1都3県の緊急事態宣言解除がありそうである。さて、市場にどんな影響が出るのでしょう?

Photo_20200522170501

 さて、明日は『令和2年度富士総合火力演習』が予定されている。東京五輪・パラリンピックに合わせて、例年より早い5月24日(日)に一般公開されるように変更されたのだが、チャイニーズウィルス(武漢新型冠状病毒)感染拡大により東京五輪は来年に延期。総火演も、24日の一般公開は中止となり、23日(土)に部内のみの演習となった。

 そこで、明日10:00より、YouTubeで演習の様子がライブ配信される予定されている。https://www.youtube.com/watch?v=SAN4vYwIoHU

詳細はこちら→https://www.mod.go.jp/gsdf/event/fire_power/index.html

|

令和2年度、陸上自衛隊富士総合火力演習一般公開中止。

Photo_20200403160101

(画像は昨年、令和元年度富士総合火力演習のポスター。画像出典は、陸上自衛隊公式サイト)

 

 4月2日のNYダウは、寄付きは20,819㌦46㌣(▲124.05)で続落してスタート。一旦、20,735㌦02㌣(▲208.49)まで下げ幅を広げた後、大きく反発して21,477㌦77㌣(△534.26)まで株価は上昇。しかし、買いの勢いは続かず下げに転じ、何度か上下を繰り返した後、21,413㌦44㌣(△469.93)で取引を終えた。469㌦の反発。VIX指数は50.91(-10.78%)だった。

 NYダウの反発を受けて始まった日本市場は、寄付きから17,951円44銭(△132.72)と反発してスタート。上げ幅を一時18,059円15銭(△240.43)まで広げたのだが、その後上げ幅は縮小。前引けは17,873円35銭(△54.63)。後場に入るとマイナスに転じ、17,646円50銭(▲172.22)まで下げる場面も。しかし、大引けに向けてポジション取りの買いが集中したか200円近く上昇、終値は17,820円19銭(△1.47)とわずかに反発で取引を終えた。33業種中、22業種がマイナスだった。

 チャイニーズウィルス(武漢新型冠状病毒疫)関連株では、マイナスで終わる銘柄が多い中、遠隔画像診断サービスのレオクラン(東証7681)がストップ高と好調を維持したのが目をひいた。

 

Photo_20200403164701

(画像出典・陸上自衛隊公式サイト

 さて、陸上自衛隊最大のイベントである、『富士総合火力演習』。略して総火演。例年8月末に行われてきたのだが、今年は東京オリンピック・パラリンピックが予定された関係で、日程が前倒しになり、5月24日(日)に一般公開が予定されていた。しかし、チャイニーズウィルス(武漢新型冠状病毒疫)の世界的大流行(テドロス・パンデミック)の影響で、オリンピックは来年に延期。総火演も、感染拡大を防ぐため一般公開は中止となりました。これもみんな、習近平とテドロスのせいだ。ふざけやがって!

 なお、一般公開は中止となりましたが、演習自体は5月23日(土)に行われる予定で、演習の模様はライブ配信されるそうです(https://www.youtube.com/user/JGSDFchannel)。

詳しくはこちら→https://www.mod.go.jp/gsdf/news/press/2020/pdf/20200403.pdf

 

|

沖縄で自衛隊出動!CSF発生による災害出動。

15_20200110132001

画像は沖縄の陸上自衛隊第15旅団のエンブレム。出典:陸上自衛隊公式ホームページhttps://www.mod.go.jp/gsdf/wae/15b/15b/index.html

 沖縄県うるま市(沖縄本島)で昨年末から発生していた豚コレラ(CSF)で、沖縄県は今月8日になって自衛隊に災害出動を要請。陸自第15旅団隷下の 第15高射特科連隊(八重瀬、勝連、白川、知念、南与座 各分屯地 こちら)、および 第51普通科連隊(那覇駐屯地 こちら)が出動し、殺処分等の支援に当たっている。

 八重山日報の記事によれば、(以下引用)「県によると、感染した養豚場では、昨年12月10日から県に通報があった今月6日にかけて約50頭が死んでいたが、昨年12月26日には県内に25頭を出荷していた。」(引用終わり)という。《八重山日報 「養豚場殺処分、本格化 玉城知事、国に支援要請」2020.1.9 http://www.yaeyama-nippo.co.jp/archives/10319

 豚の死亡が確認された後も、県内に豚を出荷…最悪、沖縄本島の養豚業を壊滅させかねない危険な行為だ。県への通報も今月6日になってから。恐ろしい話だ。感染ルートの特定と合わせて、検疫体制の見直しが必要だ。

 感染の疑いのある豚たちの殺処分と埋葬というきつい仕事をされている自衛隊員の皆様には、感謝の言葉もありません。

自衛隊のプレスリリースはこちら→https://www.mod.go.jp/j/press/news/2020/01/10d.pdf

 

|