声優・アニメ監督・演出

ここはやはり消費税減税で。凍結とか廃止なら尚良し!

 16日のNYダウは28,032㌦38㌣(△36.78)で4日続伸。取引中には28,364㌦77㌣(△369.17)と370ドル近く上げ幅を広げる場面もあったのだが、FRBのパウエル議長の会見内容がゼロ金利を23年待つまで続けるというだけで新鮮味がないことが失望されたか(←贅沢な話だ!)急に大きく落ち込み、上げ幅は10分の1に縮小。かろうじてプラスを維持。一方、ナスダックは11,050.46ポイント(▲139.85)で反落。ハイテク関係の売りが止まらず。S&P500も3,385.49(▲15.71)で反落した。

 まちまちな米国市場の後を受けて始まった日本市場は、寄付きから23,416円62銭(▲58.91)で反落スタート。冴えない動きで、一時下げ幅は203円まで広がった。大引け後の終値はやや戻して23,319円37銭(▲156.16)。市場は菅義偉新内閣がアベノミクスを継続することに一定の評価をしているのか、23,000円を割り込むほど大きく下げることはなかったものの、冴えない動きに終始している。何か、市場が湧きたつような経済政策が欲しい。ここは一つ、解散総選挙で消費税減税をぜひお願いします!

 

Photo_20200917215301

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーグリーン』 明日9月18日(金)ロードショウ!

http://violet-evergarden.jp/

|

思わしくない、週の始め。

 先週末、4日のNYダウは28,133㌦47㌣(▲159.42)で続落。取引開始時は反発し、一時上げ幅が247㌦まで広がった後急落!28,000㌦を割り込んで27,664㌦まで下げる場面も。その後、前日終値付近まで戻したのだが、結局続落で終わり。ナスダックもS&P500も続落だった。やはり調整局面に入ったか、ハイテク株の低迷が響いた。

 週明けの日本市場は、米国市場の低迷を受けて23,145円47銭(▲59.96)で続落スタート。下げ幅が一時118円まで広がった後反発して、わずかながらプラスに転じる場面もあったものの買いが続かず。何度か上がったり下がったりを繰り返したのち、大引け後の終値は23,089円95銭(▲115.48)でかろうじて23,000円台はキープした。

 

Photo_20200907232901

シリーズ本編完結から、もう20年か・・・早いね。

 

『魔女見習いをさがして』公式サイト https://www.lookingfor-magical-doremi.com/

|

知らんがな

Photo_20200906231401

|

延期になっていたクレヨンしんちゃんの映画、公開日が決定!(令和2年9月11日予定)

 武漢で発生し、世界中で猛威を振るうチャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)の影響で、公開が延期になっていた、『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』の新たな公開日が、本年9月11日(金)に決定したとのことです。

 これ以上、延期になりませんように!

詳しくは公式サイトへhttps://www.shinchan-movie.com/

Photo_20200802233501

|

四連休も、もう終わり。

いよいよ7月も最後の週。

明日から、もうひと踏ん張り頑張ろう!

 

Photo_20200726232701

いえ、もう終わりですから・・・

|

土用丑の日、株価もうなぎ上り?

 20日のNYダウは26,680㌦87㌣(△8.92)でわずかに反発。取引中は下げ幅が最大167㌦まで広がったり、反発して上げ幅が93㌦まで広がったりと、荒っぽい展開だった。一方、ナスダックは続伸で10,767.09ポイント(△263.90)を記録。6営業日ぶりに史上最高値を更新した。S&P500も続伸。ハイテク株のAmazon、Microsoft、テスラなどが好調で、ハイテク株の割合が高いナスダックが大きく上げた。

 米国市場、特にナスダックの好調ぶりを受けて、日本市場は寄付きから22,789円38銭(△71.90)で続伸でスタート。すぐに上げ幅は3ケタに伸び、前場で174円も上げる場面も。後場に入るとさらに上げ幅が広がり、今日の最高値である22,925円58銭(△208.10)を記録。23,000円台まであと一歩まで迫ったのだが、大引け寸前に利益確定の売りが入り、終値は22,884円22銭(△166.74)だった。

Photo_20200721225801

|

追悼、京都アニメーション

Photo_20200718210401

安らかに・・・

|

6月も終わりだね。

Photo_20200630204301

 週明け29日の米国市場は総じて反発。NYダウは25,595㌦80㌣(△580.25)で大きく値を上げた。ボーイング社の「737MAX」がテスト飛行開始というニュースからボーイング株が14%も上昇!1社でダウを166㌦以上上げた。ナスダックも、10,000ポイント回復はなかったもののプラス。S&P500もプラスだった。

 日本市場も寄付きから反発!22,335円10銭(△340.06)から上げ幅を広げ、一時は上げ幅が453円まで行った。しかし、利益確定の売りが入ったか、それ以上は上昇せず。ズルズル後退して、大引け後の終値は、22,288円14銭(△293.10)で寄付きより上げ幅は縮小して終了。昨日、517円も下げたのに、半分ちょっとしか返せなかった。

 今日で6月も終わり。今年も半分終わったことになる。前半は、チャイニーズウィルスのせいで散々だったが、後半どこまで取り返せるか?

 

Photo_20200630205601

※実在の人物・団体・作品とは関係ありません。

|

全世界は、それを知らんと欲す。

 24日のNYダウは、26,000㌦を割り込み、25,445㌦94㌣(▲710.16)と大きく下げた。チャイニーズウィルスの再度の感染拡大がカリフォルニア州やフロリダ州で広がり過去最大!全米で1日の感染者数が36,000人という数字が、投資心理に冷や水を浴びせたようで、一時は下げ幅が859㌦まで広がるほどだった。

 アメリカ市場の冷え込みを受け、日本市場も寄付きから22,287円87銭(▲246.45)と続落でスタート。こちらも下げ幅最大で369円まで広がる厳しい展開。終値はやや戻したものの、22,259円79銭(▲274.53)で続落だった。

 昨日上場した3社の内、初値がつかなかった、コパ・コーポレーション(東証7989 実演販売関連事業)とフィーチャー(東証4052 画像認識ソフト開発)の2社だが、コパは寄付き5分で初値4,530円(公開価格2,000円)をつけた。終値は5,230円でストップ高という上々のでき。一方、フィーチャーは今日も値がつかず、買い気配2,751円(特)で終了。明日に持ち越しとなった。

 

Photo_20200625222201

 さて、本来なら6月26日公開予定だった、『それいけ!アパンマン ふわふわフワリーと雲の国』(公式サイト)は、チャイニーズウィルスの影響で公開が2021年夏まで延期となりました。

 すでに、『名探偵コナン 緋色の弾丸』(公式サイト)が、2021年春に延期。『映画しまじろう しまじろうとそらとぶふね』(公式サイト)も2021年春に延期となっている。

 目下、全世界の関心は、『シン・エヴァンゲリオン』(公式サイト)の公開日がいつになるかである。

 来年まで延期は止めてくれ!

Photo_20200625223101

|

劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』の公開は、来年4月に延期だそうです。

Photo_20200608213601

 チャイニーズウィルス(武漢新型冠状病毒)の感染拡大を受け、公開が延期されていた劇場版第24作『名探偵コナン 緋色の弾丸』(こちら)は、来年4月の公開となったそうです。毎年公開されてきた名探偵コナンの映画が、今年は無しに。キンペーとテドロス、貴様らどこまで罪深いんだ!

 

 先週末(5日)のNYダウは、27,110㌦98㌣(△829.16)。雇用指数が予想外に良かった(250万人の雇用増、失業率が予想より低い)ことで、大幅な株高となった模様。VIX指数は24.52。

 週明けの日本市場も先週来の好調をキープ。寄付きから23,121円98銭(△258.25)でいきなり23,000円を突破!そのまま順調に上げ幅を広げ、大引け後の終値が23,178円10銭(△314.37)で今日の最高値だった。これで6日続伸、終値が23,000円台を記録するのは、2月21日ぶりだ。

|

より以前の記事一覧